看護学部 看護学科 -最新情報-

女性・母性看護と助産学

 女性・母性看護について 

母性生活支援看護は、女性をとりまく家族や社会、環境から女性の特徴と健康看護について学びます
 四天王寺大学看護学部では、看護師になるために1年生から積み重ねの学習を行います。女性の健康や母性看護は全員が学びます。

1年生では、女性の健康について、解剖・生理と疾患について学びます

2年生から、母性とは何か、女性のライフサイクルに伴う健康課題や母子保健について学びます

3年生になると、妊婦さん・産婦さん・産後母親・赤ちゃんの看護として支援のあり方について机上の学習だけではなく、学内の演習を行い、冬学期からは病院実習を行います

 

 

 

 

 助産師コースについて 

 四天王寺大学看護学部では、助産師コースがあり、選択(定員5名)することにより4年間で看護師と助産師の2つの国家試験受験資格を取得することが可能です。
 3年生の夏ごろに選考試験を行い、3年生の冬学期から助産の授業が入ります。

<助産師コースの授業科目>

・周産期医学…妊娠・分娩・産後と赤ちゃんの経過と異常の判断

・助産概論…助産の基本、助産の歴史や今、女性の生涯を通じた健康支援

・助産診断・技術Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ…妊娠・分娩・産後のお母さんと赤ちゃんの助産

・助産技術学演習Ⅰ・Ⅱ…妊婦さんや産後、赤ちゃんの診察、保健指導、 分娩介助技術

・助産管理論…地域における産科医療、法律や医療保険制度、助産業務の管理

・助産実習…助産の実践(受け持ち女性への援助、保健指導、分娩介助)

 

【関連リンク】

→看護学科の学びについてはコチラ

→OPEN CAMPUS 2019 詳細についてはコチラ

 

一覧に戻る
学科に戻る