看護学部 看護学科 -最新情報-

8月オープンキャンパスの報告と次回(9/29)のご案内

☆8月オープンキャンパス(8月5日、16日、17日)開催しました☆

【学科説明会】

 看護学部看護学科では、この時期、1年生は初期実習Ⅰ・Ⅱと重なっておりました。そのような中、学生は学内実習や学内発表会の合間をぬって、受験に関することや大学での授業、サークル活動、アルバイトなど学生生活についてスピーチしてくれました。また、山本看護学部長の実習についての質問にもリアルな生の声を一生懸命話してくれていました。

【模擬授業】

 8月は、「救命処置を学ぼう!」、「妊産婦さんのからだとこころ」、「集中治療室ってどんんなところ?」など、先生方のわかりやすい模擬授業が展開されました。「救命処置を学ぼう!」では、皆さん、AEDに興味を示しておりました。また、「妊産婦さんのからだとこころ」では、生命の誕生に触れ、助産師の魅力に引きつけられた高校生や我が子の誕生の瞬間を思い起こしていた保護者の方々、「集中治療室ってどんなところ?」では、先生のハキハキとしたわかりやすい説明や初めて触れる内容に釘付けになっている高校生や保護者の方々もいらっしゃいました。また、「チャイルドビジョンを体験してみよう!」では、参加者の皆さんにチャイルドビジョンを作成してもらい、6歳くらいまでの子どもの視野を体験してもらいました!!貴重な体験ができたようですね(*^o^*)

 8月は初期実習が重なりめまぐるしい日々でしたが、学生さんは笑顔で頑張ってくれました。オープンキャンパス終了後には、もっと高校生のみんなと話ができる時間があったらいいのではないか等、積極的にオープンキャンパスの振り返りをし意見を述べてくれました!!そんな学生さんたちが、9月も多くの皆さんの参加をお待ちしております!!

9月29日(日)模擬授業テーマ:「赤ちゃんの不思議」「妊婦さんになってみよう!」

 

【関連リンク】

→看護学科の学びについてはコチラ

→OPEN CAMPUS 2019 詳細についてはコチラ

 

一覧に戻る
学科に戻る