人文社会学部 人間福祉学科 健康福祉専攻
-最新情報-

精神保健福祉分野における医療・福祉・地域を学ぶ

精神保健福祉士実習の事前学習として
精神保健福祉士シリーズVol.2

精神保健福士をめざす学生が、精神保健福祉士実習の事前学習の一環として見学実習に参加しました。

  • 社会福祉法人一麦会 ソーシャルファームピネル(和歌山市)
  • 医療法人小谷会小谷クリニック・KCアルコール医療福祉センター(大阪市阿倍野区)
  • 医療法人爽神堂七山病院(大阪府泉南郡熊取町)

の3か所で学ばせていただきました。

見学実習 就労継続支援A型事業所のソーシャルファームピネルでは、サービス管理責任者である山本哲士先生から、事業所設立に至る歴史や、地域住民との協働の実際など、障害を越えて地域全体で取り組む社会福祉の重要性についてお話しいただきました。
   
見学実習 小谷クリニックはアルコール依存症患者を対象とする専門医療機関です。殿村壽敏先生山本哲也先生から地域におけるアルコール依存症患者の現状、アルコール専門医療機関の機能、精神保健福祉士の役割について教えていただきました。
   
見学実習 七山病院では、精神保健福祉士の豊田雅通先生に急性期病棟や療養病棟をご案内いただきながら、各病棟の機能について学びました。その後、地域啓発に関する取り組みや、精神保健福祉士の役割についてお伺いしました。

 

見学実習に参加した学生の感想を以下に紹介します。

■ソーシャルファームピネル

本人のニーズを最も大切にし、そのためには、精神保健福祉士が本人と社会環境のパイプ役になる必要性があるということがよく理解できた。

利用者と日々の生活の中で、一緒に笑ったり、泣いたり、怒ったりすることが信頼関係をつくっていくのだと思った。

■小谷クリニック

「アルコール講座」を受講した際、多くの患者さんと席をともにしたが、患者の皆さんが私たちを笑顔で迎え挨拶をしてくれたことを嬉しく思った。

「断酒が続かない」と悩む患者さんの話を聴き、セルフヘルプグループなどを活用し、モチベーションを高めていくことが精神保健福祉士の役割であると感じた。

■七山病院

入院患者の自由度が高く、病棟も洗練されていることに驚きました。特にストレスケアユニットは、従来の精神科病院のイメージを覆す画期的な病床だった。

地域活動や院外のレクリエーションなど、訪問前の自分の精神科病院のイメージでは想像がつかなかった開放的な精神科病院の実際を知ることができた。

たいへん意義ある見学実習になりました。見学実習にご協力いただいた法人の方々に改めてお礼申し上げます。

 

 

健康福祉専攻の学びについてはコチラ

 

 

一覧に戻る
学科に戻る