人文社会学部 人間福祉学科 健康福祉専攻
-最新情報-

精神保健福祉士をめざして ~見学実習の実施~

 精神保健福祉士をめざす学生が、精神保健福祉士実習の事前学習の一環として、以下の3か所の機関で見学実習をさせていただきました。

  • 社会福祉法人一麦会 ソーシャルファームピネル(和歌山市)
  • 医療法人小谷会小谷クリニック・KCアルコール医療福祉センター(大阪市阿倍野区)
  • 医療法人爽神堂七山病院(大阪府泉南郡熊取町)

 

 就労継続支援A型事業所のソーシャルファームピネルでは、サービス管理責任者である山本哲士先生から、法人の沿革、取り組んできた地域住民との協働の実際、その中での精神保健福祉士の役割など、地域全体で取り組む社会福祉の重要性についてお話しいただきました。    

 

 アルコール依存症専門医療機関である小谷クリニックでは、「月例会」に参加させていだいた後、岩田こころ先生と山下尚美先生から地域におけるアルコール依存症専門医療機関の機能や精神保健福祉士の役割について教えていただきました。「月例会」では、院長の小谷陣先生がアルコール依存症について、わかりやすくご教授くださいました。

 七山病院では、首藤歩先生と田端友梨先生に急性期病棟、療養病棟、認知症病棟等を案内していただき、各病棟の機能について学んだり、作業療法の様子を見せていただいたりしました。その後、地域啓発に関する取り組みや精神保健福祉士の役割についてお伺いしました。

 

 見学実習に参加した学生の感想を以下に紹介します。

ソーシャルファームピネル

 利用者の自主性を考え、同じ作業から始めて出来ることを増やしながら、支援者が出来ることと出来ないことを見極めながら支援を実施している。作業場には利用者の人が好きな音楽を流すなど、働く環境にも配慮されていた。精神保健福祉士の重要な役割は、希望や目標を持つことができる環境づくりであり、それが利用者の主体性を生み出すことが理解できた。

小谷クリニック

 アルコール依存症は、脳の機能に障害が生じ認知の低下や自律神経の不調、抑うつ症状がなどの諸症状があることを教えていただいた。また、自分のアルコールに関する体験を語ることに意味があること、語ることによって自らが病気であることを認識し言語化できるようになり、回復につながっていくことを学んだ。

七山病院

 精神保健福祉士の精神科病院での役割は、院内の患者との関わりだけでなく、入院時、退院後の支援、他職種との連携も重要であることを学んだ。院内では、患者の状況に沿って支援する必要があり、退院後の支援では、地域で生活する場の確保や支援体制をどのように築いていくのかが大切であることが分かった。

 

たいへん意義ある見学実習になりました。
お忙しいところ貴重な時間をいただき、
見学の機会を与えていただきましたことに感謝いたします。

 

【関連リンク】

→人間福祉学科・健康福祉専攻 の学びについてはこちら

一覧に戻る
学科に戻る