人文社会学部 人間福祉学科 健康福祉専攻
-最新情報-

福祉施設の現場から学ぶ~特別講義1 児童福祉分野~

人間福祉学科では、教室での講義はもとより、現場で体験する実習も重視しており、その準備にあたる事前学習にも力を入れています。

1年生では見学実習、2年生の11月には2週間の現場実習を行います。その事前学習として、現場の状況を身近に感じるため、毎年、社会福祉施設の職員の先生方をお招きして、一連の特別講義を実施しています。

今回は、児童養護施設・羽曳野荘の施設長である中條 薫先生にご講義いただきました。

児童養護施設は、虐待を受けたり、障がいや病気のためだったりと家庭で暮らせない状態にある子どもたちが、親元から離れて生活している施設です。中條先生からは、児童養護施設の現状、羽曳野荘の実際の様子、子どもとの関わり、職員の姿勢、実習生に求められる態度などについて、現場からの生の声をご自身の経験を交えながらご講義いただきました。

学生のレポートの一部を紹介します。

 

  • 児童養護施設は、子どもたちにとって、「家庭」であることに気づかされた。
  • 職員さんが子どもたちのために努力を惜しまないことが分かった。退所した児童にも配慮をされており、子どもたちへのやさしさを感じることができた。
  • 虐待を起こしてしまった人を否定的にとらえるのではなく、その人の生活の背景や置かれている環境を理解する必要がある。将来、福祉職に就いたら、家族それぞれの苦しみなどが分かり、寄り添えるような人になりたい。
  • 実習で大切なことは、「できる」「できない」ではなく、積極的に行動することだと分かった。「できない」ことにも挑戦する姿勢を示したい。

 

今回は児童福祉分野でしたが、高齢者福祉施設と障がい者福祉施設の職員の先生方による特別講義の様子も今後お伝えします。教科書では学べない施設の様子などについて理解を深め、11月の実習に向けて学生は準備を進めていくことになります。

一覧に戻る
学科に戻る