人文社会学部 人間福祉学科 健康福祉専攻
-最新情報-

医療の現場で「生活」を考える ~MSWインターンシップ特別講義~

医療ソーシャルワーカー(MSW)をめざす学生が受講する「MSWインターンシップ」

今年も、済生会富田林病院 医療福祉相談室長の吉松利通先生をお招きし、医療ソーシャルワークの実践現場に学ぶ特別講義を行いました。

(やさしくて、とてもステキな吉松先生の講義の様子を一部掲載します!)

 

具体的な業務の内容から、仕事とプライベートの切り替えの大切さまで、実際に経験しなければわからないリアルな現場」について話していただきました。

医療ソーシャルワーカーは、患者さんやご家族がこれからの生活を決めるところに関わるため、患者さんやご家族の心配ごとの本質を理解することが大切であると話され、情報を伝えるだけで満足してはいけないとのアドバイスをいただきました。

そして、そのためには、1)振り返る力、(2)創造する力、(3)伝達する力 を身につけてほしいと、将来、医療ソーシャルワーカーとして働くうえで大切なポイントを教えていただきました。 

学生たちは、吉松先生の言葉を聞き逃すまいと、真剣にメモを取り、熱心に聴き入っていました。

 

後半は、質問にも丁寧に答えていただき、学生たちは、これまで漠然としていた医療ソーシャルワーカーの仕事が、よりはっきりとした形で見えてきたようです。

学生たちは、今後、本学独自のプログラムである、「医療機関でのインターンシップ研修」に参加します。知識や技術を身につけるだけでなく、吉松先生から教わった、医療ソーシャルワーカーとしての大切なことを意識して、研修に臨んでほしいと願っています。

 

吉松先生、貴重なご講義をありがとうございました!

 

 

一覧に戻る
学科に戻る