人文社会学部 人間福祉学科 健康福祉専攻
-最新情報-

はじめまして、ヨロシク! ―「大学基礎演習Ⅰ」スタート―

新入生は、4月1日(土)の入学式から、あわただしい日々を送ってきました。
人間福祉学科の新入生のみなさんもオリエンテーション、履修登録、授業・・・と大学生活に必要なことを息つく暇もなくこなしてきました。

同じ学科の新入生とはいえ、人数が多いと、お互いに知り合いになる機会は限られます。

そこで、4月26日(木)の「大学基礎演習Ⅰ」では、みんなが少しでも多くの人と知り合いになるキッカケになればと考えて、自己紹介と他者紹介を行いました。

方法はスゴロク形式です。
まず、8人ずつのグループに分かれて、サイコロを振って、出た目の数だけ進み、進んだところにある質問に答える形で自己紹介をしました。

質問は、「誕生日は?」から始まって、「好きな音楽とその理由は?」→「一番好きな場所とその理由は?」→「神様にお願いしたいことは?」→「好きな花とその理由は?」→・・・・と、全部で39項目あります。 

例えば、Aさんが1回目のサイコロを振って、4が出たら、「休日の過ごし方」の質問の所に進み、その質問に答えるという具合です。

質問がバラエティに富んでいるのと、どの質問に答えるかはサイコロを振って出た目の数次第という意外性があるので、みんな気楽に自分のいろいろな面を紹介することができたようです。

自己紹介が一通りできた後、今度は、隣の人とペアになって、他者紹介を行いました。

具体的には、AさんとBさんがペアになったとした場合、10分程度でお互いに相手にいろいろ質問したうえで、相手のプロフィールをある程度把握して、最後に、みんなにAさんはBさんのことを紹介し、BさんはAさんのことを紹介するというわけです。
他者紹介のためにいろいろ質問するという前提がありますので、あまり遠慮することなくお互いに話しかけることができたようです。

 

今後も、グループ分けを変えて、別のテーマで何回か活動を行う予定です。あと1ヶ月もすれば、この「大学基礎演習」のクラスもかなりよい雰囲気になっていることでしょう。

学生の感想の一部を紹介します。

◎「初めてしゃべる人がいっぱいいた。いいきっかけになって良かった。他者紹介が楽しかった。変な質問にも答えてくれてうれしかった」

◎「ゲームを通しての自己紹介。インタビューを通しての他者紹介は、気楽にできるので、すごくいいなと思いました。将来、レクリエーションを行う機会があったら役立つなと思いました」

◎「みんなのいろんな面を知れて良かった。良い仲間たちだなと思いました」

  

一覧に戻る
学科に戻る