人文社会学部 人間福祉学科 健康福祉専攻
-最新情報-

卒業生と在学生が大活躍! Open Campus on May 14nd

5月14日(日)にオープンキャンパスが行われ、高校生や保護者の方々にご参加頂きました。当日は、在学生も“オープンキャンパスサポーター”として早朝からの打ち合わせや準備、運営、後片付けまで、大活躍してくれました。サポーター学生による学科紹介、AO入試についての説明の後、卒業生で愛知県立古知野高校(福祉科)主任として教壇にたつ岩城令佳先生から「高校教員をめざそう!」というテーマでミニ授業をして頂きました。

岩城令佳先生

学生サポーター

 

ごく一部になりますが、学生サポーターの感想を紹介します。

◎参加者方が社会福祉に興味をもってくれるだけで嬉しかった。学科説明も分担し緊張しながらも話せたし、個別相談も学科以外の話もたくさんできた。大学に行きたくなったといってもらえて嬉しかった。

◎2年前に自分が参加した時よりも高校生が来てくれているように思えた。参加者の方とコミュニケーションがとれたような気がして良かった。

◎今回は高校生とコミュニケーションをとることができなかったが、先輩や後輩と様々な話ができ、コミュニケーションをとることができた。次回は、高校生とのコミュニケーションを積極的にとりたいと思う。

◎学科紹介を先生にほめていただいたのでやって良かったと思った。それから、岩城先生のお話を聞いて大変勉強になった

◎オープンキャンパスに来たことは何度もあったが、自分がスタッフとして高校生にアドバイスや説明をする事の難しさを実感することができた。「どう説明したら高校生にわかりやすく伝わるだろう」「保護者の方はどう考えているだろう」と考えると、上手く説明できなかったり、言葉が出てこなくなったり、反省点がたくさんあった。しかし、自分の体験や授業のことを話して、相手がうなずいてくれると、伝わったのかな、と少し安心して話すことができたのはとても嬉しかった。次回のオープンキャンパスに参加した時は、話す前に落ち着いて内容をまとめられるようにしたい。

◎今日は個別相談をした。自分の経験をふまえて話すことができたので良かった。はじめてこのサポーターの仕事をしたけどやり甲斐のある仕事だと思った。先輩の話を聞くことができたので良い経験になった

◎私は初めてオープンキャンパスのスタッフに参加した。高校生の時にオープンキャンパスに参加してたくさんのお話を聞いたことを思い出し、懐かしさと同時に、もうその時から2年過ぎたんだ!と驚いた。個別相談で、女子高校生の話を聞いたり、相談にのったり、自分の経験もたくさん話して楽しく過ごすことができた。友達のようにコミュニケーションをとることもできた。参加して良かったと思った。

 

ご参加頂き有難うございました。

次回のオープンキャンパスは、618日)です。

お待ちしております。

一覧に戻る
学科に戻る