人文社会学部 人間福祉学科 健康福祉専攻
-最新情報-

ボランティア活動を通じて子育て支援の現状を学ぶ! -天王寺区子育て愛あいフェスティバル

今年も天王寺区の地域福祉推進、子育て支援に向けての一大イベントである「天王寺区子育て愛あいフェスティバル」が、大阪市立天王寺スポーツセンターで行われ、上續ゼミを中心とした四天王寺大学の学生がボランティアとして参加しました。

今年も学生たちは、バルーンアート、手形作り、食育展示、ベビー・乳児・幼児遊び、ジュニアクラブなどの各ブースや、着ぐるみなどでお手伝いさせていただき、子ども達や保護者の方、地域の方々との交流を深めました。参加学生たちも福祉や保育について多くの学びを得ることができたようです。

 

<<参加学生からは以下のような感想が寄せられました。>>

  • はじめての参加でしたが、乳児さんが月齢によって成長も様々で個人差があることを実感しました。幅広い年齢のお子さんを育てておられるお母さんから、不安に思っていることなども聞くことができて勉強になりました。これからもこのようなボランティア活動に参加していきたいと思います。
  • 普段授業で学んでいることをお母さん方に聞かれた時に説明することができて嬉しかったです。次の機会もぜひ参加したいです。
  • 着ぐるみを担当しましたが、たくさんの子どもさんが集まってきてくれて凄く可愛く、楽しかったです。自分は子どもが大好きなことを再確認しました。いい経験ができました。参加できてよかったです。
  • バルーンアートブースで子どもたちと交流する事ができました。お子さんを連れてご夫婦で参加されている方も多く、幸せな家庭をみることができて自分も幸せな気持ちになりました。また是非参加したいです。
  • ジュニアクラブブースで子どもたちの見守りをさせて頂き、普段関わらない小学生の子どもたちと触れあうことができて楽しかったです。また、子どもを連れた保護者の方と一緒に子どもが頑張っている成長の姿を見守られている所を拝見することができてよかったです。積極的に親子と話をして子どもさんの成長への悩みについて相談にものることができてとても勉強になりました。
  • 子どもから大人までが一丸となって協力しているからこそ、これだけの素晴らしいイベントになっているのだと思います。どの人たちからも笑顔が絶えず、温かい空間が築かれていました。このような地域交流の場が色々なところで開催されれば、まちの活性化にもつながると思いますし、これからも続けて欲しいと思います。私もその中に入れたらと思います。
一覧に戻る
学科に戻る