人文社会学部 人間福祉学科 健康福祉専攻
-最新情報-

相談援助実習の学びの総まとめ(実習報告会 その2 全体発表会)

約1ヶ月の相談援助実習の学びを後輩に伝える実習報告会が開催されました。

今年のサブテーマは「安心して下さい、成長できますよ」でした。 

実習報告会は、選抜された7グループが全員を前にプレゼンテーションする全体発表会

パネルを使って複数のグループが同時に発表を進行する分科会で構成されています。

 今回は、主に全体発表会の模様を紹介します。

実習報告会は発表学生が運営しています。会場の看板や誘導、受付なども学生が担当して主体的に取り組んでいます。

  1 

 司会も学生が担当しています。

2

 

 全体発表会では選抜されたグループが、各々趣向をこらして発表しました。 

3

 

発表中に、クイズ形式などで聴講学生に質問を投げかけることもあります。 

4

 

 次に発表するのですぐ移動できるようにスタンバイしているところです。

5

 

社会福祉法人四天王寺福祉事業団の実習指導者でいらっしゃる谷口克己先生中山和也先生に温かい励ましの言葉でもってご講評いただきました。 

6 

 最後に聴講学生のアンケートから抜粋します。

  • 言いたい事が簡潔にまとめられており、各実習先の特色が分かりとてもイメージしやすかった。
  • 実習前後の意識の変化を知れて実習への気持ちが高まった。
  • 後輩に向けてのアドバイスが豊富で嬉しかった。
  • 自分の関心ある分野とは違う分野の発表を聞き、学ぶ事が多く、興味を持つことができた。今後の学びにつながる発表ばかりだった。
  • 場面に応じた対応方法など、簡単に分かりやすく説明されており、認知症との付き合い方が良く理解できた。

 

分科会の様子はまた後日紹介します。

一覧に戻る
学科に戻る