人文社会学部 国際キャリア学科 -最新情報-

山﨑ゼミ紹介:ゼミ生の留学・インターンシップ報告

こんにちは。教員の山﨑です。
今回は社会への道を真摯に進もうとするゼミ生の紹介をします。

本ゼミは例年、比較的就活が好調で、外資系企業や金融系、英語教員等々様々な進路に決まっていきます。今年も5月の連休明けには山を越え、夏学期後半には一段落ついてきた感がありました。内定はゴールではないので、今後は社会で中長期的にきちんと成果を出していけるレベルへの成長を目指すことになります。

 本ゼミに所属する学生の特徴の1つが、ゼミ生間の良い意味での緊張関係です。横のつながりの良さはもちろん、4回生は就活や社会に出る準備を進めながらも良き先輩として見本となることを目指すと共に、1年間では埋められない差を作ろうとしますし、3回生はその先輩の活動を参考にしつつ追い抜こうとします。このつながりの延長が卒業後もあります(冬学期あたりに卒業生が激を飛ばしに顔出ししてくれそうです)。

もう1つ大きな特徴は、学生個々人が色々積極的に活動している点です。特に英語等学習・語学系(3回時にTOEIC®800点超えの学生や中国に半年留学する学生もいます)や、さまざまな機会で外国の方々との交流面で目立ちますが、1回生時からクラブ活動を始め、各々奮闘しています。

以下に一部ですが写真を列挙します。縮小写真で恐縮ですが、活動の幅のイメージが少しは伝わるのではと思います。ゼミ内外、あるいは以前からの活躍が、卒業後社会での自身の居場所の確立のみならずそこでの活動の自信にもつながっていきます。

アイルランドのキラーニー国立公園にて。留学時の写真ですね。国際キャリア学科は留学しても卒業に影響しないのが特徴です。

本人は写っていませんが、トロントアイランドです。公園のような風景ですね。カナダは語学研修で人気ですね。

ベスヘルビーチでとったもので、スクールトリップで先生補助役として先生や新入生をサポートしたそうです。

中国の大企業、アリババです。中国への研修時のものだそうで、屋内で社員の方々と交流できたそうですが、このような機会は中国でも珍しいそうです。

国内でもがんばっています!天王寺にあるてんしばの近鉄フレンドリーホステルでの写真。インターンシップ時のもので、観光しているわけではありません。外国人のゲストが多く、英語や他言語でがんばっています。ちなみにてんしばでの活躍は他のページでも紹介されています。国際キャリア学科全体の活動ですが、紹介されている写真のあちこちにゼミ学生が写っています。

日本経済新聞社からの取材!-国際キャリア学科生が日経新聞に掲載されました。

【メディア掲載】日本経済新聞に「てんしばゲストハウスプロジェクト」の活動が紹介されました。

【メディア掲載】朝日新聞「まなビバ!」で本学が紹介されました。

【関連リンク】

→国際キャリア学科の学びについてはこちら

一覧に戻る
学科に戻る