人文社会学部 国際キャリア学科 -最新情報-

柴田ゼミ キャリアデザインセミナー実施

 柴田ゼミでは、4月20日(土)にあべのハルカスサテライトキャンパスにて、4回生を対象に外部講師の今井先生をお招きしてキャリアデザインのセミナーが実施されました。このセミナーは現在就職活動中の学生に、少しでも活動の手助けとなるようにという思いで催されました。「あなたの他の人と違う体験は何ですか?-あなたの強みと志望動機の見つけ方」というタイトルのもとで講義はディスカッション形式で行われました。

 


 4回生は現在、まさに就職活動の前線に立っており、先生のお話を真剣な眼差しで聞き入っていました。質疑応答の際に、最初は学生も緊張気味でしたが徐々にリラックスして自分の意見を述べることができたようです。

 

今井先生による面接時のアドバイスを一部ですが、簡単にまとめてみました。

  • 「四天王寺大学に入って…を学べた」が言える。
  • 四天王寺大学の「和の精神」はまさに、会社が必要としていることである。「和の精神」を引用して話をする。
  • 自分の長所を会社、また社会でどのように活かしたらいいかを考えるー長所とは自分の中での一番の強み。
  • 説明会等大勢の人がいる中で、会社側に自分の印象を強く残せるには、話を聞いている際にアイコンタクトは当然だが適切なタイミングで「うなづく」。また、質問をする。
  • 質問内容は相手側が聞いてほしいであろうことは何かを考える。
  • 話す時は体験談を入れて、相手側が自分の話を聞いた時に「絵が描けるように」話す。
  • 多様性を受容する姿勢をもつ。
  • 人と同じ回答をしない。

 

 

  セミナーの終了時に学生が述べた感想をいくつかご紹介しましょう。  

  • これまでは、行きたい企業に見合う為に選ばれたいという気持ちから企業理念や求める人材像に近づく努力をしていました。しかし、私達就活生も企業を選び評価する権利があり、自分の特徴に合った企業を選ぶ事で能力を発揮し楽しみながら新たな事に挑戦でき、自分らしく活躍できる。という今井先生のお話から第1に自分を研究する事が大事だということを学びました。
  • セミナーを受け、自分らしさを大切にすることが就活で大切だと改めて教えてもらいました。私は自分らしさを重要とし、就活をしているつもりでしたが、選考が進む中で、段々と企業の求める人材を演じるようになっていました。ですが、このセミナーでその事に気づかされました。この気づきから、もっと自分を出し、自分に合った企業に就職できるように頑張りたいと思いました
  • 就職活動を始めて、面接などで無理をすることもありましたが、今回セミナーで先生のお話を聞き、改めて本当の自分を受け入れてもらえる企業との出会いを探そうと思うことができました。

 


 学生たちは今回、今井先生のセミナーを受講して新たな発見があったようです。今回は一部の4回生を対象としましたが、また他の学年の方も受講できるように目下検討中です。

【関連リンク】

→国際キャリア学科の学びについてはこちら

一覧に戻る
学科に戻る