人文社会学部 国際キャリア学科 -最新情報-

平成29年度奥羽ゼミ 卒論発表会開催!!

平成30年の1月を迎えて、いよいよ冬学期も大詰めを迎えました。期末試験を目の前にして、まずは奥羽ゼミの4年生が1月16日(火)に卒業論文の発表会を開催。いつもは、学年ごとに別々のゼミの授業を受けていますが、今回は3年生と4年生の合同授業。久しぶりに見かける3年生の前で緊張しながらも堂々と4年生は今回提出した卒業論文について発表し、その後の質疑応答も自信をもって答えていました。 

 今回の卒業論文のタイトルは次のものになります。

  ・「新出英単語を「脳に刻む」50分 -他教科と英語とのつながりとは-」

  ・「これからのALTのあり方」

  ・「日本の小学校英語の現状と課題 -私立小学校のモジュール実践を通して-」

  ・「学校英語教科書の解題」

  ・「スローラーナーとファストラーナーを共に活かす授業」

  ・「ICT活用の英語教育の問題点について」

  ・「日本のICT教育とシンガポールのICT教育」

 

語彙習得論や小学校英語の授業実践、教科書分析やリメディアル教育実践、そしてICT教育など現在の日本の英語教育の話題が散りばめられた卒論ばかりで、発表を聞いている3年生は4年生の研究成果に圧倒されていたようです。

今回卒業論文を提出した4年生の皆さんは、それぞれの興味関心、教育実習での経験、そして将来の教員としての自分の価値観などを前提に思い思いのテーマを選び研究し報告してくれました。それぞれが、独自の持ち味をその内容にこめており中々に味わい深い作品となってのではないかと思います。4年生の皆さん、ひとまず卒論終了お疲れ様でした。今後とも教師として、より優れた教育実践研究をしていってもらいたいですね。

 

★国際キャリア学科の学びはコチラ

一覧に戻る
学科に戻る