人文社会学部 国際キャリア学科 -最新情報-

「研究室の窓」-山崎研究室(4)

こんにちは、国際キャリア学科教員の山崎です。

今回も私が担当しているゼミ(専門演習I~IV:3回生4回生合同授業)の近況報告です。以下の記事は就活の多忙な時期にも関わらず4回生が書いてくれたゼミの近況紹介記事です。

 私たち山崎ゼミではコミュニケーションにおける行間の意味について学んでいます。

ゼミ内での活動としてはディベートや個人研究による発表を通してそれぞれが理解を深めています。特に個人発表の際は厳しい指摘や質問をされることがありますが、それが成長に一番つながると信じて日々学んでいます。

また、オンオフがしっかりできるゼミでもあるので、スイッチが入っている時は厳しいことを言い合うこともあるメンバーですが、実際は仲がいいので、授業が終わりオフモードになると和気藹々(わきあいあい)と話しています。

つい先日は、山崎先生の誕生日だったので4月新加入の3回生も含めて全員で先生のお誕生日をお祝いしました。(ちなみに先生は他の先生に自慢するほど嬉しかったとか...)                               

この記事からお分かりのように、誕生祝してもらったのが嬉しすぎて、それを自慢したかった感が一杯で、まことに公私混同的でまことにすみません(祝ってもらえるくらい今年のゼミ運営がうまく行っているということでご理解ください…)。

自主的に誕生日企画をしてくれる(ウン十年教師していますがこういうことは初めてで、もう泣きそうです、いやちょっと泣いたかも)くらいで、3、4回生間の連携をはじめ非常にうまく行っています。なお、誕生祝は授業後にサプライズでしてくれたもので授業中は当然皆真剣に研鑽を積んでいます。

ちなみに学生が誕生日祝いをしてくれた同日、卒業生から封筒がきました。これに先立ち、最近結婚したOGにゼミ同期で祝いのビデオをサプライズで送ろうという企画から、研究室でメッセージ撮影をしました。この時のビデオを無事結婚式で流したという報告と、その際のビデオCDを送ってきてくれたものです。

たまたまかもしれませんが、卒業後もゼミ生同士仲が良く、また、時にゼミや研究室を思い出してくれるというのも教師として非常にうれしいものです。誕生祝と合わせて明日以降も身を引き締めて頑張っていこうと思わせてもらいました。 

今年度も色々なことが起こり、色々な展開もあるでしょうが、山崎ゼミは基本順調に前進しているということで今回の報告を終わりたいと思います。

一覧に戻る
学科に戻る