短期大学部 保育科 -最新情報-

「第22回課程認定校レクリエーション交流大会」に参加しました!

 保育科では、対人援助に必要なコミュニケーション能力を身につけることを目的に、

今年度より「レクリエーション・インストラクター」の養成を開始しました。

資格取得のための事業参加として、7月9日(日)に大阪府立体育会館で、

「第22回課程認定校レクリエーション交流大会」が開催されました。

この大会は、大阪府内のレクリエーション指導者養成を行う課程認定校が、

各校のオリジナルで企画したレクリエーション活動をそれぞれのブースで発表し、

一般参加学生との交流を深め、レクリエーションの相互学習を行う機会です。

ブース参加校は、それぞれ学生実行委員を2名ずつ選出し、自分たちのブース発表以外に、

オープニング及びエンディングの司会進行などのイベント運営の役割を担うことにもなります。

<ブース体験の様子①>

 

また、学生同士の交流だけではなく、

「レクリエーション・コーディネーター会」「福祉レクリエーション・ネットワーク大阪」

「課程認定校卒業生」の3者が合体して「特別ブース」を出展し、

有資格者の社会人との交流も深めることができるのが特徴です。

<ブース体験の様子②>

今回は、全体で17校、約600名の学生の参加がありました。

本学はオープンキャンパスと重なったためブース参加はできず、

一般参加のみ保育科1年生66名が参加しました。

それぞれ自分が希望するブースを約100分間回りました。

他の学校と楽しく交流を深め、レクリエーション活動の楽しさ・意義を感じ取ったようです。

<ブース体験の様子③>

「普段学校で学んでいるレクリエーションの意義を実感できました」

「他の学校の人と楽しく体を動かしながら交流できました」

「来年はブース担当者として参加したいです」などの感想がありました。

<エンディングの様子>

このような体験を通し、学生たちは「レクリエーション・インストラクター」資格を取得し、

将来に役立てようとより一層学習に励みます。

一覧に戻る
学科に戻る