短期大学部 保育科 -最新情報-

お店屋さんごっこで子どもの表現を援助する! 「保育内容・表現(総合)」

「保育内容・表現(総合)」の授業で、

保育園の子どもたちを迎えて、

「お店屋さんごっこ」をしました。

IMG_5736

 

この日のために用意したたくさんの「商品」を並べて

子どものための商店街が出来ました。

IMG_5589 

IMG_5623

IMG_5590 

IMG_5631

IMG_5643

今年はかわったところで「お医者さん」もありました。

IMG_5639

「子どもたちの遊びたい気持ちを受け止めてその表現を援助する」

という授業のテーマは例年通り

IMG_5653

それに加えて今年は、

「保育者として子どもたちを迎えよう」

という目標を意識して取組を行いました。

IMG_5668

間もなく現場に出る2年生たちに

子どもたちと関わることのできるこの最後の機会を

しっかり活かしてもらいたいと思いました。

IMG_5707

子どもたちとしっかり交わった90分の中で

学生たちは多くのことを学び取ってくれたと思います。

IMG_5670

 

 

お店屋さんのあとはお弁当を食べて

恒例の「外遊び」

IMG_5817

IMG_5836

IMG_5857

IMG_5880

ぽかぽか陽気の中で

気持ちのいい芝生の上を走り回って遊びました。

IMG_5937

4時間余りの子どもたちとの時間の中で

学生たちは「保育者として」何を考え、何を感じたのでしょうか。

この経験を現場での保育に活かしてもらいたいと思います。

 

<学生のワークシートより>

私たちに頼れる先生方がいて守っていただいているように、子どもたちに手を差し伸べ、

子どもを守る立場になること、子どもたちが安心して頼れる人になることが

「保育者であること」なのかなと思いました。

 

学生は「子どもと遊ぶ」ということがメインでしたが、

保育者を意識すると、子どもの特徴を知りたいと思ったり

一人ひとりの個性が気になったりしました。

一覧に戻る