短期大学部 保育科 -最新情報-

キャンプを実施しました!<保育表現技術(野外活動)>

「保育表現技術(野外活動)」の授業で、初めてのキャンプ実習を行いました。

IMG_4871

7月に実施したプレキャンプの経験を活かして、 

安全な火起こしから後片付けまで野外炊飯をきちんと行うことに加えて、

今回始めて実施するキャンプファイヤーとスタンツ、

自然物を使った工作、そしてロープワーク学習など、

さまざまなプログラムに1泊2日でチャレンジしました。

 

信太山駅に集合した後、各自自分の荷物を持ち、

徒歩で「大阪市立信太山青少年野外活動センターキャンプ場」へ向かいました。

IMG_4500a

 

焼け付くような太陽の下、約20分掛けて到着したときにはすでにみんな汗だくでした。

IMG_4504

 

到着後、しばしの休憩を挟んで直ぐに夕食の支度に取り掛かりました。

今晩のメニューはバーベキューです。

まずは自分たちで火を起こすところからスタートです。

IMG_4509a

 

20分くらい奮闘していましたが、ようやく火がつき喜びの表情。

IMG_4532a

 

荷物運びなどでお腹がぺこぺこ、

すぐに夕食が始まりました。

IMG_4569

 

野菜もお肉もたっぷりです。

IMG_4582a

IMG_4556a

 

楽しい夕食で満腹になった後はみんなで後片付け

IMG_4577a

 

しばし歓談の後、

IMG_4589a

 

いよいよロープワークの学習です。

IMG_4602b

 

翌日にテストを実施するということで、みんな一生懸命です。

IMG_4610a

IMG_4611a

 

夢中になって練習しているとあっという間に日が暮れて、

いよいよキャンプファイヤーが始まります。

暗闇の中に突然、真っ赤な炎が!

IMG_4612

 

「炎の女神」たちの登場です。

IMG_4620a

 

「火は人類を人間たらしめた神様からの贈り物です。

 私たち一人ひとりが、他者にとっての火となれるよう努力いたしましょう」

というありがたい御託宣の後、いよいよファイヤーの点火です。

IMG_4622a

 

激しく暖かく燃え上がる炎の傍で、

グループごとにリーダーとなってファイヤースタンツやゲームを行いました。

IMG_4650a

IMG_4640a

IMG_4659

 

あっという間に2時間が経過し、

炎もやがて小さくなり、

IMG_4673a

ファイヤーの炎を一人ひとりのロウソクに移しながら、

各自が今の思いを述べてキャンプファイヤーは終了しました。

 

シャワータイムの後、夜のミーティング。

IMG_4680a

普段は話せないことをいろいろと語り合いました。

IMG_4692a

 

寝苦しくも楽しい一夜を過ごして、

朝食。

IMG_4698a

 

そしてロープワークのおさらいとテストです。

IMG_4703a

IMG_4705a

IMG_4706a

IMG_4711a

IMG_4717a

IMG_4718a

 

ロープワークのテストも無事に終わり、

今度は工作。

ストラップとお箸を作りました。

IMG_4724a

IMG_4755a

IMG_4758a

IMG_4795a

IMG_4803a

 

工作の時間もあっという間に終わり、

最後の食事はそうめんを作っていただきました。

IMG_4862a

IMG_4865a

「おいしかった!」 満腹の顔です。

IMG_4832

 

最後に、テントサイトとテント内の掃除をして

IMG_4854a

IMG_4857

 

記念撮影です。

IMG_4844a

 

容赦ない蚊の攻撃や、昆虫たちのテント内への侵入、

シャワーの水力不足など、さまざまな不便の中でしたが、

大学の中では決して得られない経験、

自然の中でしか味わえない体験をたっぷりすることができ、

野外での安全や、自然の中で過ごす楽しさをしっかりと学び取ることができました。

 

とりわけ、

非日常の中で友達と過ごすことで、

お互いを結びつける絆の深まりを体験できたことは、

将来、保育現場で子どもたちと野外保育をする際に

大切にすべきことを知る、よい学びとなったことと思います。IMG_4566a

 

今回参加してくれた学生たちのお蔭で、

IBU保育科初めてのキャンプ実習は無事に終えることができました。

今回の反省を活かし、来年度以降の本格実施にむけて準備を始めたいと思っています。

 

参加してくれた学生諸君、

この経験を将来に活かしてください!

がんばれ!!

IMG_4874a

一覧に戻る
学科に戻る