教育学部 教育学科 小学校・幼児保育コース
-最新情報-

入学してから1ヶ月が経ちました~1年生の1ヶ月~

(満開の桜も新入生を歓迎しているようでした)

新入生が入学して1ヶ月が過ぎました。4月1日の入学式の後、2日間のオリエンテーションでは、大学生活がスムーズに送れるように、大学での授業や時間割の組み方、教職支援や大学生活の支援など様々な説明を受けました。
4月5日には学科ごとのオリエンテーションがありました。1年生は、「大学基礎演習Ⅰ・Ⅱ」という科目を履修しますが、この科目は8クラス編成で各クラス20数名の少人数で授業を行いますが、各クラスの担当教員は担任として、授業だけでなく大学生活をサポートします。
全体説明会の後、クラスごとに先輩の案内で担任の先生とキャンパスツアーに出かけました。

 

(キャンパスツアーの後、クラスの皆で仲良くランチタイムです。)

大学では、時間割は自分で組まなければなりません。明日からの授業に備えて、先生から時間割の組み方を教わりました。

「大学基礎演習Ⅰ・Ⅱ」では、大学での学修の基礎となるライティングスキルやプレゼンテーションスキルなどを学ぶとともに、「いい先生になるためには1年生から何を学ぶべきか」を考えるために、上級生から有意義な大学生活の過ごし方やインターンシップ、教育実習などの体験談を聞く時間もあれば、教員として頑張っている卒業生(OGやOB)から教育現場のリアルな話を聞くこともあります。

第2回目の「大学基礎演習Ⅰ」では、図書館やラーニングコモンズ、ICT教室なの見学をしました。これからの勉強や授業で利用する機会が多い施設です。

(図書館では、蔵書検索の方法などについて説明して頂きました)

(ICT教室やラーニングコモンズの使い方の説明を受けました)

(模擬授業のための教室です。2年生から各教科で模擬授業も始まります)

1年生では、「教育人間学」や「教育心理」など教育学に含まれる科目と国語科、算数科など教科に関する科目も履修します。小学校の先生は、図画工作科、体育佳、音楽科、家庭科などいわゆる副教科も教えなければなりません。
例えば、音楽科の基礎的な科目である「音楽」では、音楽に関する基礎知識とともに、歌唱やリコーダーの演奏、鍵盤楽器演奏の基礎技術も学びます。大学に入学して初めてピアノを弾いた学生でも、半年後には小学校音楽科教材の伴奏が弾けるように頑張ります。

1年生は、少しずつ、しかし着実に、先生になるという夢の実現に向かって歩みはじめました。こうした努力が4年後に実を結ぶよう教員も全力でサポートしていきます。

一覧に戻る
学科に戻る