教育学部 教育学科 小学校・幼児保育コース
-最新情報-

合同発表会をしました

大阪教育大学の白井ゼミと四天王寺大学の丹羽ゼミの4年生が自分の卒業研究を、3年生は研究計画を発表し、意見を交換する合同発表会をしました。

4年生は1年前、合同発表会で自分の研究計画を発表しました。学生がお互いの研究計画を見て、いろいろ意見を出し合いました。その中で、自分だけでは気づけなかったこと、新たな提案などをたくさん得られました。それを踏まえて卒業研究を書き上げました。それを今回は研究成果として発表したのです。

 

kyoushou_20170306_03

▲発表しながら質疑応答をしている様子です。

kyoushou_20170306_02

▲3年生は研究計画を発表しました。ここでも積極的に議論が交わされました。

 

kyoushou_20170306_01

 

この日は新聞社の記者さんも取材にいらっしゃいました。3月の新聞の特集欄の取材だとのことです。

熱心に研究成果を聞いてくださいました。

異なる大学間で一緒に発表会を行うからこそお互いの得意な部分を教え合い、切磋琢磨できるのです。

このように、様々な活動を通して視野を広げています。

 

教育学科では、3年生になると教育学あるいは教科のゼミに所属し、ゼミを担当される先生の指導のもと自分で興味・関心のある事象について自主的に研究します。そして、3年生の冬学期には、卒業研究(卒業論文とも言われます)のテーマを決定し、それから1年間かけて卒業研究として完成させます。

丹羽ゼミのように、他大学と合同発表会をすることもあれば、ゼミの授業で卒研の発表会をしたり、冊子にしてまとめるゼミもあります。

4年生が大学での学びの集大成として、どのような卒業研究を書いたのか、改めて紹介したいと思います。

 

一覧に戻る
学科に戻る