教育学部 教育学科 保健教育コース
-最新情報-

学校保健研究教室(楠本ゼミ)の紹介

学校保健研究教室では、保健教育学校安全学校精神保健の分野を学習・研究をしています。

ゼミには、4年生が21名3年生が9名、そしてハムスター(名前はハットリ)が1匹(写真1)います。

学校保健研究教室
写真1:ハムスターのハットリ

 

このハットリの記憶能力について幾つかの実験をしてみました。その中でネズミの迷路学習に似た実験もしましたので、ご紹介します。

簡単な迷路(写真2)なんですが、写真の片隅に餌を置いています。この餌に到着する時間を毎回測りました。

学校保健研究教室
写真2:実験に用いた迷路

 

ハムスターは夜行性動物ですし、ほっぺたにたくさんの餌を蓄えていますし、足は小幅ですので、昼間の測定(7月1~7日)は難航しました。結局夜間(午前1~2時)に測定した結果、グラフのように慣れるまでは14分間(四捨五入)以上かかっていましたが、要領を得る?と4分(四捨五入)以内で全行程を歩きました。

しかし、定期試験開始日に、元気なハットリもこの暑さでぐったり、脈も微弱になり全然動こうとしません。死にそう! あわてて心臓マッサージを試みました。心臓の動きを感じ始めても動きません。1時間後ようやく片目だけを開けました。蘇生して3日目のハットリ(写真3)は好物のジャコを食べるまでに回復しました。

学校保健研究教室
写真3:回復したハットリ

 

ハットリや仏のご加護で命びろい 合掌

学校保健研究教室
ハムスター(月齢5か月)が迷路の餌に到達に要した時間(分)

 

 

保健教育コースの学びについてはコチラ

 

 

一覧に戻る
学科に戻る