教育学部 教育学科 保健教育コース
-最新情報-

感染症の予防と養護教諭の役割

 紫陽花(あじさい)の季節、

雨がおさまり、

6月28日のオープンキャンパスが始まりました。

保健教育コースの説明です。

感染症が蔓延してくると、学校では養護教諭が重要な役割を担います。

休んでいる児童・生徒の把握。

学校での手洗いの励行、マスクの着用。

換気することも重要です。

3つの密を避けながら、

楠本教授のお話は、とても具体的でした。

 

 2回生の学生が、入学してからの学生生活について話しました。

養護教諭一種免許状とともに、小学校教諭一種免許状も取得できます。

1回生夏学期の授業時間割は、とても参考になりました。

入学したら、第二外国語は何をとろうかな。

調理実習もあるのですね。和食。美味しそう。

フィールドワークの古墳めぐりも楽しそうです。

ハロースクール、学校インターンシップ、

臨床実習では病院に、

そして、養護実習、教育実習は学校に、

いつのまにか、先生への道が見えてきました。

クラブ・サークルの紹介では、和太鼓サークルの写真がでてきました。

太鼓の音が響いてくるようです。

だんだんと、

“キャンパスライフ”のイメージがふくらんできました。

 

【関連リンク】

→教育学部 教育学科 保健教育コースの学びについてはこちら

一覧に戻る
学科に戻る