教育学部 教育学科 保健教育コース
-最新情報-

「健康支援し隊」の学生へ大阪府知事より感謝状が贈呈

教育学科 保健教育コースでは、 「保健指導」教育の一貫として「薬物乱用防止教育」に取り組んでいます 。養護教諭免許科目(3年次夏開講)「養護実習指導」の中で「薬物乱用防止教育」として養護教諭、学級担任、保健体育教員、生徒などの配役を決め、保健指導のチーム・チーティング形式の模擬授業を実施しています。

最も評価の高かったグループは 1年生約1000人を対象に「絶対にダメ!!薬物乱用防止教育」と題したプレゼンテーションを実施 しました。
薬物についての正しい知識と薬物乱用防止の重要性について理解を深めることに貢献し、実施後のアンケートでは、ほぼ全員が 「薬物乱用の怖さを理解できた。」「薬物とは無縁の生活を送れるようにしたい。」 といった薬物乱用防止についての意識の向上に繋がっています。

このような活動が評価され、大阪府知事より「薬物乱用防止教育」への功績として、 保健教育コース「健康支援し隊」に対して「薬物乱用防止功労者知事感謝状」が贈呈 されました。

 

2018年11月1日(木)14:00から大阪府庁本館「正庁の間」にて厳かに執り行われた感謝状贈呈式には、「健康支援し隊」を代表して本学学生4名が出席。式後には表彰区分ごとに記念撮影がありました。

2018年11月2日(金)、3日(土・祝)、4日(日)の3日間開催となる大学祭(IBU祭)では、
「健康支援し隊」による「薬物乱用防止」ミニ講義を実施いたします。

【教育学科 保健教育コース 「健康支援し隊」】
保健教育コースの学生たちで構成する個別・集団保健指導グループ。2000年から活動開始、現在31名が活動しています。食育・薬物・禁煙・飲酒などのジャンルに分かれ、保健の知識と健康増進の実践力の普及を目的として、指導対象となる年齢を問わず、幅広く活動しています。

【関連リンク】

→教育学科 保健教育コースの詳細はコチラ

一覧に戻る
学科に戻る