教育学部 教育学科 保健教育コース
-最新情報-

夢を諦めない!-先輩からの感動のメッセージ-

保健教育コースでは、毎年、「卒業生による特別講義」を開催しています。
今年度は、平成25年3月に卒業された先輩が来られました。

佐々木智里先生は、幼稚園養護教諭を経て、今年度4月に大阪府小学校養護教諭に着任されました。病院(心療内科)で実施される研修プログラムにも積極的に参加し、児童の心のケアについて学ばれています。

佐々木智里先生

佐々木智里先生

丸谷美喜子先生は、奈良県の中学校で養護教諭の常勤講師をしながら、教員採用試験の勉強をし、昨年、秋に合格!現在、奈良県小学校養護教諭としてご活躍です。

丸谷美喜子先生

丸谷美喜子先生

松本真代先生は、卒後3年間、小学校の特別支援教室の常勤講師として経験を積み、今年度4月より、大阪府小学校教諭として日々頑張っていらっしゃいます。

松本真代先生

松本真代先生

養護教諭の教員採用試験の倍率は高く、現役合格は至難の業。
先輩方は、教採試験不合格の通知を受けた時、落ち込み、涙し、
教員には向いてないのだろうか...転職しようか...と思い悩んだこともあったようです。
仕事と勉強の両立はとても厳しく辛いものがありましたが、
元気いっぱいの子どもたちと接していると、
「やはり教師しかない!何があっても、夢を諦めない!」という強い気持ちが湧いてきたとのこと。

 

講演会では、教採合格の秘訣について教えてくださっただけでなく、現在の勤務先での仕事の様子、児童の心身の健康状況、養護教諭・小学校教諭の役割、教員という職業の魅力について、大いに語ってくださいました。
会場は感動の渦に包まれ、講演後は、在学生からの質問が絶えませんでした。

質疑応答風景

質疑応答風景

If you can dream it, you can do it! 

Walt Disneyの名言です。

先輩方のお話を熱心に聞く在学生

先輩方のお話を熱心に聞く在学生

講演会に参加した保健教育コースの学生は、先輩たちを見習い、「絶対先生になる!」という夢を叶えるため、勉学に励むことを誓いました。

一覧に戻る
学科に戻る