利用者の気持ちに寄り添って、
安心感を与える介護福祉士をめざし、頑張っています。

中学生の頃、祖母がいた特別養護老人ホームの職員さんを見て、人に元気を与えられる仕事に就きたいと思うようになりました。ライフケア専攻では日常生活援助技術という実践的な科目があり、その中で移乗介助など技術的なことを多く学びました。介護実習で老人ホームに3週間行ったのですが、それまでは「このくらいできるかな」と思っていたものが、実際に体験すると体力的、技術的にとても難しいと気づきました。大変なことも多くありますが、「もっと快適な介助を提供できるようにしたい」と決意する機会となりました。この経験を活かし、利用者に安心していただける介護福祉士をめざしていきたいと思います。

稲 ゆき恵さん
短期大学部 生活ナビゲーション学科
ライフケア専攻 1年生
大阪府立貝塚南高等学校 出身

一覧を見る

2018/11/27

「事例研究」の取り組み ~よりよい介護を...

2018/11/15

マッスルスーツの知名度とともに、本専攻の...

2018/10/29

11月3日、学科イベントをします

2018/10/5

次回のオープンキャンパスは介護レクリエー...

※RSS:フィードによる情報提供を致しております。

学びのポイント

point01

少人数制を活かして、
リーダーシップがとれる介護福祉士をめざします。

少人数制なので、相手の価値観に合わせる柔軟な対人スキルやコミュニケーション力をはじめ、必要な知識・技術をしっかり身につけることができます。社会が求めるリーダーシップのとれる介護福祉士をめざします。

point02

学内、学外での実習を通して、
即戦力となる介護技術を修得します。

学内施設・設備や学外の福祉施設、訪問介護などの現場で充実した実習ができます。高齢者へのスキンケアやメイクアップなど、要介護高齢者の生活をトータルに支える技術と知識が修得できます。

point03

一人ひとりの学修レベルに応じた個別指導で、
資格取得に向けた実力が身につきます。

一人ひとりの学修レベルを把握した専任教員が連携を取り、介護福祉士国家試験の合格や進路について全面的にサポート。全員の合格をめざした試験対策講座や学外模擬試験などを実施します。

なりたいキミを見つけよう!

取得できる免許・資格

介護福祉士国家試験受験資格(※) 社会福祉主事任用資格 レクリエーション・インストラクター

2017年度卒業生から国家試験受験資格が付与されます。ただし、2017~2021年度卒業生については卒業後5年間は介護福祉士の資格を有し、その間に、国家試験に合格するか介護の業務に原則5年間連続して従事すれば、引き続き介護福祉士としての資格を有することができます。



取得をめざせる免許・資格

ケアクラーク(介護報酬請求事務に関する資格) 日商PC検定 マイクロソフト オフィス スペシャリスト
(MOS検定)
福祉住環境コーディネーター など

PICKUP CONTENTS


ライフケア専攻 GUIDE

夢を叶えた先輩たち

OB & OG Message

社会福祉法人 四天王寺福祉事業団四天王寺悲田院養護老人ホーム 勤務

短期大学部 生活科学科 生活福祉専攻 卒業
(現:生活ナビゲーション学科 ライフケア専攻)
大阪府立河南高等学校 出身
中野 真二さん人文社会学部 人間福祉学科へ編入
利用者と家族の気持ちに
寄り添うこと、喜びを分かち合えることにやりがいを感じています。

介護に携わる仕事をめざし、短期大学部の生活福祉(現ライフケア)専攻に入学し、2年間、介護の知識や実習を修得した後、学内編入制度を利用して3年次に人間福祉学科へ編入。さらに社会福祉の学びを深めることができました。現在は、担当介護長と相談員という立場で、スタッフの育成とともに、新入居の方々の面接・手続き・契約などの業務に携わっています。大切なのは、利用者と家族の方に安心していただくこと。高齢のご家族を安心して私たちに預けていただけるように、家族への気配りとサポートはとても重要です。利用者も家族も、スタッフとともに喜びを分かち合えるこの仕事の醍醐味は、きっと相手の喜びを共感できることだと思います。

社会福祉法人うねび会ぽれぽれケアセンター白橿 勤務

短期大学部 生活ナビゲーション学科
ライフケア専攻 卒業
奈良県立五條高等学校 出身
岡村 好夏さん
利用者の笑顔と「ありがとう」の言葉が私の自信に。介護福祉の仕事を通して
元気をもらいます。

現在、9名の利用者の担当をし、食事や排泄、入浴、車椅子での移動などの介助をしています。介助で大切なのは、利用者の自立心と残存機能を促すために、介助しすぎないことだと考えています。そうするには、一人ひとりを細かく理解し、コミュニケーションを持つことが重要。心が通じ合うことで信頼をいただき、安心して私に委ねてくださいます。在学中の実習で学んだ入浴介助で感じた、相手に体を委ねる不安感など、実際に自分で体験することで理解することができ、現在の介助サポートに活きています。利用者に「ありがとう」と喜んでいただけることが何よりも嬉しく感じ、この仕事を通して、私自身が元気に過ごせていると思います。