ライフケア専攻 独自のプログラム

超高齢社会を支える介護の
スペシャリストをめざします。

少人数制のきめ細かい指導で、要介護者の心身の自立を支援する高度な技術を身につけた『介護福祉士』を養成します。万全のサポート体制を整え、全員合格をめざしています。

  • 学生一人ひとりをサポート

    入学直後に担当教員が個別面談を行い、一人ひとりの希望の進路を確認するとともに、2年間を通しての学びや学生生活におけるアドバイスを行います。
  • 国家試験合格をサポート

    試験対策のための時間をカリキュラムの中に組み込んでいます。模擬試験や解説など、さまざまなプログラムを用意しています。
  • 学年を超えての学び

    ライフケア専攻では1年生と2年生の交流を積極的に行っています。4月、7月、12月の実習報告会、9月の大阪府立阪南高等学校との学習交流会には全員が参加して体験を共有し、互いに学び合います。
一覧を見る

2017/6/19

コミュニケーション体験実習に行ってきまし...

2017/6/13

6月18日(日)「ポパイ体験」してみませ...

2017/5/24

施設見学実習に行ってきました

2017/5/19

最新の福祉・介護機器を見て回る

※RSS:フィードによる情報提供を致しております。

学びのポイント

point01

少人数制を活かして、リーダーシップが
とれる介護福祉士をめざします。

少人数制なので、相手の価値観に合わせる柔軟な対人スキルやコミュニケーション力を
はじめ、必要な知識・技術をしっかり身につけられます。社会が求めるリーダーシップの
とれる介護福祉士をめざします。

point02

学内、学外での実習を通して、
即戦力となる介護技術を修得します。

学内施設・設備や学外の福祉施設、訪問介護などの現場で充実した実習ができます。
高齢者へのスキンケアやメイクアップなど、要介護高齢者の生活をトータルに支える
技術と知識が修得できます。

point03

一人ひとりの学修レベルに応じた個別指導で、
資格取得に向けた実力が身につきます。

一人ひとりの学修レベルを把握した専任教員が連携を取り、介護福祉士国家試験の
合格や進路について全面的にサポート。全員の合格をめざした試験対策講座や
学外模擬試験なども実施します。

なりたいキミを見つけよう!

取得できる免許・資格

介護福祉士国家試験受験資格(※) 社会福祉主事任用資格 レクリエーション・インストラクター

2017年度卒業生から国家試験受験資格が付与されます。ただし、2017~2021年度卒業生については卒業後5年間は介護福祉士の資格を有し、その間に、国家試験に合格するか介護の業務に原則5年間連続して従事すれば、引き続き介護福祉士としての資格を有することができます。

取得をめざせる免許・資格

ケアクラーク(介護報酬請求事務に関する資格) 日商PC検定 マイクロソフトオフィススペシャリスト
(MOS検定)
福祉住環境コーディネーター など

PICKUP CONTENTS

CLOSE-UP! 授業紹介

close up!(授業紹介)

魅力ぎっしり、
ライフケア専攻の学び。

1年次
その人らしい生活を支援する
専門職としての基本を学びます。

大切な人が病気や障がいによって「トイレにいけない」「着替えができない」ような状態になったらどうしますか?その人らしい生活を支援するため、潜在能力を引き出し、安全に介護できる知識や技術を学びます。

【日常生活援助技術Ⅰ】
1年次
対人援助サービスの
基本的知識を学びます。

介護福祉実践に必要な人間の理解や対人援助の専門性について学修をします。

【社会福祉援助技術総論】

teacher's voice

短期大学部 生活ナビゲーション学科
ライフケア専攻 教員
濵田 佐知子先生
知識・技術だけでなく、
心に寄り添えるプロフェッショナルに。

介護を担う人材、特に介護福祉士という専門的な知識を持つ若い人材は、今後ますます必要とされます。本専攻は少人数クラス制なので、一人ひとりが専門教員によるきめ細かな指導を受けられます。最新設備を備えた福祉事業団との連携も魅力です。授業では、高齢者や障がい者と触れあうことで介護対象者への理解を深め、言葉以外のコミュニケーションの大切さを学びます。介護を受ける方の心に寄り添いながら、人間として尊重し語り合うことの重要性を理解して欲しい。さらに専門的知識はもちろん、豊かな人間性・社会性を育てることで「真に必要とされるプロフェッショナル」として社会へ羽ばたいて欲しいと願っています。

1年次
介護に必要なコミュニケーション
について学びます。

「見えにくい」「聞こえにくい」という、特に「視覚・聴覚」に不自由を抱えた人へのコミュニケーション方法のひとつである「点字・手話」も学修します。

【コミュニケーション演習Ⅱ】
2年次
認知症のことをもっと知り、
理解することから始めよう。

認知症は単なるもの忘れや、特別な人だけがかかる病気ではありません。認知症を理解した上で、その人とのより良い関係を築く実践的な学びを深めていきます。

【認知症の介護と支援】
2年次
介護を必要とする方の個人の尊厳と
自立の意義に対しての理解を深める。

介護を実践するうえで必要となる医療的ケアの意義を理解し、安全かつ適切に実践できるように知識・技術を修得します。

【医療的ケア】
2年次
栄養のある美味しい料理で
身体の不自由な方を喜ばせたい。

介護現場では調理も大事な仕事のひとつ。栄養・献立などについて講義を受けた後、グループで話し合い、利用者の嗜好や身体状況に合わせた調理を実践します。

【食生活援助】

DOCUMENT! 学生の1日

DOCUMENT!

ライフケア専攻の学生の1日

短期大学部 生活ナビゲーション学科
ライフケア専攻 1年生
熊代 茉結さん 和歌山県立神島高等学校 出身

9:00
一人暮らしの家から
学校まではバスで
約10分の近さ!

登校1時間前に起床。毎朝の日課は、朝食をさっと済ませて洗濯物を干すこと。改めて親のありがたみを痛感します。

01
 10:00
実践的な学びが
実習先でも大いに
役立ちます!

充実した介護実習室の設備を利用して、介護者としての知識やスキルだけでなく、要介護者の視点など幅広く援助技術を学びます。

02
 12:30
週に何度かは
手づくり弁当で
友達とランチ!

初めての一人暮らしの家事にも、ようやく慣れ、手づくり弁当を持参する日もあります。入学以来ずっと仲良しの友達と一緒にランチです。

03
 15:00
居場所は「6-159」。
授業の合間におしゃべり!

高校のように決まった教室はないです。でも「ここに行けば仲間がいる」という教室があるので、空き時間も退屈しません。

04
 17:00
「楽しそう!」と
思い入部、和心あふれる
創作ダンスに夢中!

高校ではバドミントン部でしたが、短大ではYOSAKOIソーラン部「仏喜踊」へ。週に3回、広場に集まり仲間と踊りまくります!

踊るのが大好きなんです!
05

介護福祉士に必要な学びがギッシリ!
寄り添い、信頼される人間性を身につけたい。

熊代 茉結さん短期大学部 生活ナビゲーション学科
ライフケア専攻 1年生

実家の近所にお年寄りが多く、小さい頃から可愛がってもらいました。そのせいか「将来は福祉の道に進みたい」と感じるようになりました。オープンキャンパスのとき、広くてきれいな学内と充実した介護実習室に魅かれて入学を決意。「少人数制なので、きめ細かに指導してもらえる」と先輩に言われ、さらに安心感が高まりました。利用者の気持ちに寄り添い、信頼される介護福祉士になるという目標に向かって日々、知識や技術を身につけようと頑張っています!

2年間の学び

 2年間の学び
内定獲得

「この人に
介護してもらいたい」と
頼られる介護福祉士に!

祖父が老人ホームでお世話になったのがきっかけで、私も老人ホームで働きたいと勉強に励みました。私自身が「この人に介護してもらいたい」と思えるぐらい、頼りにされる介護福祉士をめざしてがんばります!

苦手なことは「訓練で克服できる」と実習で実感しました。 介護の勉強だけでなく、人として大事なことをたくさん学びました。
谷川 さちさん 高齢者介護のスペシャリストをめざします!
1年次・夏

基礎と心構えを学ぶことで
“介護”のイメージが広がりました。

介護の基礎を修得。介護のイメージは、おむつ交換や入浴など身の回りの世話が中心だと思っていましたが、利用者さんに寄り添う大切さに気づきました。

1年次・冬

触れ合う大切さを実感し、
コミュニケーションスキルを修得!

「コミュニケーション演習」で、介護でもっとも大切なのは触れ合いだと実感。心地よく利用者さんが過ごせるようにと考えられるようになりました。

2年次・夏

1ヵ月間の介護実習で、
利用者の心に触れることができた!

6月に1ヵ月にわたる実習を経験。実際に個別介護計画を作成し、戸惑うこともありましたが、「おねえちゃんなら何でも話せる」と利用者さんに言っていただき、より一層やる気が出ました。

2年次・冬

仲間たちと支え合って
実践的な応用を修得!

「医療的ケア」など応用も修得。ラストスパートを支えてくれたのはグループの仲間。思いを打ち明け合って励まされ、「私もがんばろう」と思いました。結束力が固いのは少人数制の魅力ですね。

夢を叶えた
先輩からのメッセージ。

OB & OG Message夢を叶えた先輩からのメッセージ。

社会福祉法人 四天王寺福祉事業団四天王寺悲田院デイセンター 勤務

生活科学科 生活福祉専攻 卒業
(現:短期大学部 生活ナビゲーション学科 ライフケア専攻)
原田 翼さん人文社会学部 人間福祉学科へ編入
嬉しそうな表情を見せてくれると、
とても手応えを感じます。

生活福祉(現ライフケア)専攻で介護の知識や技術を学んだあと、社会福祉を深く学びたくなり、四天王寺大学の人間福祉学科へ編入しました。そして、さまざまな経験ができそうな四天王寺福祉事業団に(学内推薦制度を利用して)就職。現在は、特別養護老人ホームからデイサービスに異動して1年目になります。自宅で過ごしている利用者さんに対して、職員がどこまで入り込んでいけるのか、ご家族の思いを反映したサービスを提供できているか模索する毎日です。また日常業務のほかに、介護職員初任者研修の講師や、施設全体のレベルアップ研修プロジェクトなども任されており、専門職として常に知識や技術の向上に努め、誇りを持って新しい福祉のあり方を考えていきたいと思います。

社会医療法人愛仁会スローライフおかじま 勤務

短期大学部 生活ナビゲーション学科
ライフケア専攻 卒業
山本 眞子さん
私はこの人の生活の一部だ、
という気持ちで向き合っています。

食事や排泄や車椅子への移乗など、利用者さんがひとりではできない日常動作の介助をしています。大切にしているのは利用者さんとのコミュニケーション。ある時うっかり挨拶するのを忘れて帰ってしまい、翌日お叱りを受けた時に実感しました。「この人にとって私は生活の一部なんだ」と痛感。散歩に行って「いい記念になった。眞子ちゃん、ありがとう」と言われたときは胸が熱くなります。在学中に「根拠に基づいた介護」を学べたおかげで、心のこもった介護ができるのだと思います。4月から、新設の介護施設に異動します。1人でも多くの利用者さんに幸せを感じてもらえる介護を、気持ちも新たにしていきたいと思います。

ライフケア専攻のキャリア科目の魅力

ライフケア演習Ⅰ~Ⅳ

介護福祉士として社会で活躍するため、専門科目以外に実践的な学びをします。

専門的な科目を学修するだけで専門職にはなれません。専門性の前に人として必要な社会性を身につけ、かつ福祉の現場を理解することが大切です。この授業では入学時から卒業時にわたり、利用者や現場の職員、施設長を通して、また最新の福祉機器などに触れることで、求められる介護福祉士になる実践力を養います。さらに、国家試験に全員合格するための試験対策も行います。

topics!

まずはいっしょにいることが、
介護の始まり。

四天王寺福祉事業団ほか数多くの福祉施設の協力のもと、学内で学んだ技術などを活かして、介護の現場を体験します。1年生はとても緊張していますが、徐々に慣れてくることで、短大で学んだ一つひとつを思い出しながら、利用者の方々に接することができてきます。

学外学習

INFORMATION!

編入学制度を活用すれば、
社会福祉士などの資格取得も可能!

学内編入学制度を利用して、「人文社会学部 人間福祉学科 健康福祉専攻」に3年次編入することができます。社会福祉士の国家試験受験資格を取得することで、卒業後の活躍の場が広がります。

学内外での学びを通して、
より上の目標へ。

高校時代、人助けの経験から福祉を志すように。介護技術をより深めたいと3年次に編入。介護は「楽しさ・感動」を実感できる素晴らしい仕事です。利用者さんと家族を支える相談員になりたいと思います。

 人間福祉学科
健康福祉専攻
松浪 陸人さん 短期大学部 生活ナビゲーション学科
ライフケア専攻より編入
介護技術の学内実習