独自の教員養成カリキュラムで関西トップの実績を誇る!

1967年4月に教育学科が開設されて以来、
50年にわたり小学校を中心に優れた教員を多数輩出してきました。
独自の教員養成カリキュラムに基づいて現場経験の豊富な教員が指導するとともに、
確かな教員養成力を持つ「教職教育推進センター」が全面的にサポートします。

教員採用試験で、現役合格者を多数輩出!

教員採用試験現役合格者数 89名

教師力に特化した“独自のサポート体制”により
様々な地域で教員採用試験に現役合格!

01

保育士・幼稚園教諭・小学校教諭の
3資格の取得が可能

小学校・幼児保育コースでは、2年次より通常クラスと選抜40名の幼保クラスに分かれます。幼保クラスは、保育士・幼稚園教諭・小学校教諭の3つの資格取得が可能なカリキュラムを組んでいます。少子化問題や育児サービスの多様化対策として推進されている「幼保一元化」に対応。「認定こども園」など、就職先が幅広くなります。

02

全コースで2年次に
学校インターンシップを行います

3年次に実施される教育実習には、インターンシップの経験を活かして臨めるため、確実な教育実践力を身につけることができます。

03

教職教育推進センターが
全面サポート

専属の教職員が教員採用試験に関する情報提供や相談、面接指導を行います。

学力向上のための教員採用試験対策講座を開いたり、早期から現場経験を積める学校支援ボランティアを紹介したりすることで、実践力の向上を図り、
教職に就くまで全面的にサポート
していきます。

 詳しくはこちら

関西トップクラスの
教員採用試験合格者数