看護学部看護学科

「和」のこころ × 最先端の医療で地域の看護を新しく!

取得がめざせる免許・資格

夢や目標にあわせて4つのコースから選べます!

夢や目標にあわせて4つのコースから選べます!

※申請必要。特定の資格を取得することが要件となっています。


学びの領域

「地域」と「最先端」両方を本格的に学ぶ本学独自のシステム

最先端の学修環境で高度な知識と技術を身につけ、
地域の人々を支える看護職(ケアのプロフェッション)を育成します。

  • 「地域」と「最先端」両方を本格的に学ぶ本学独自のシステム
  • 「地域」と「最先端」両方を本格的に学ぶ本学独自のシステム

学びのPOINT

  • ①少子・超高齢社会を支え、地域で活躍できる看護職へ。

    2025年に少子・超高齢社会のピークを迎える日本。今後は医療機関に加えて、人々が生活する地域でも医療ケアがさかんに提供され、看護職が大幅に不足します。こうしたニーズを見越して誕生した本学の看護学部。地域のさまざまな場で活躍し、社会全体の課題解決に貢献できる看護職を育成します。

  • ②最先端の施設・設備を備えた、看護棟で学ぶ。

    超高齢社会・複数の疾病を有する人が増えるなど、疾病構造が変化し、医療はますます高度化していきます。これに対応する看護職を養成するため、看護棟には実際の看護状況を再現できるシミュレーションセンターや最新設備を備えた看護実習室を設置。実践的な学習を通して、高度な知識と技術を身につけることができます。

  • ③特徴的な科目と充実した演習・実習体制。

    1年次では看護の対象である「人」を幅広く理解することから始め、実習もスタート。2・3年次では、次第に細分化される講義や演習、実習により、さまざまな健康課題に対する看護を学びます。4年次では自ら看護を探求し、統合した学びをどのように社会の中で活かすのかを考えます。

  • ④「和」のこころを持った看護師に。

    本学は、聖徳太子による十七条憲法第一条「和を以て貴しとなす」から始まる学園訓のもと、心の「和」を教育の柱としています。それはまさに、人が人をケアする意味や価値を追求する「看護学」に通じる理念。仏教という思想を背景に、地域で人と人がつながり合って支援する看護の意義を理解します。

四天王寺福祉事業団や近隣病院等と連携した実習体制

本学とグループを成す社会福祉法人四天王寺福祉事業団は、大阪府内に20を超える医療・福祉施設を運営。これらの施設が実習先となり、現場が求める実践力の養成を強力にバックアップします。他にも、近隣・府内にある地域の基幹病院や、高度な専門医療を提供する大学病院、訪問看護ステーションなどでの実習を計画しています。

四天王寺福祉事業団や近隣病院等と連携した実習体制

関西圏を中心に70を越える施設を実習先としています。
各実習前には、これらの施設の中から実習先が決められます。

主な実習先

四天王寺悲田院、四天王寺病院、藤井寺市民病院、城山病院、大阪市立大学医学部附属病院、大阪はびきの医療センター、
大阪市立総合医療センター、運動器ケア しまだ病院、PL病院、松原徳洲会病院、奈良県総合医療センター、生駒市立病院 など

学科ブログ一覧を見る

あなたの町へ 入試相談会
大学案内デジタルパンフレット
クラブ&サークル紹介
IBUドリル
ココロエプロジェクト
知的・人的データベース
あなたの町へ 入試相談会大学案内デジタルパンフレット

クラブ&サークル紹介IBUドリル

ココロエプロジェクト知的・人的データベース

看護学部看護学科ibuTV:オリジナルムービーを、YouTubeで公開中!

地域連携教員免許状更新講習
back to top