医療ソーシャルワーカーとして、
患者さんの心に安心を届けたい。

人間福祉学科では、「100万回生きた猫はなぜ最後に死を受け入れたのか」など、テーマを設けて学生同士ディスカッションをする授業が多くあります。人の気持ちに寄り添うことを学ぶ学科ですので、自分とは違う考え方に多く出会えるのが本学科の有意義な学びの特徴だと感じています。私は幼い頃に病気を患い何度か入院していたことがありました。その中で、お医者さんが治療を施してくれるだけでなく、看護師さんなどのスタッフと連携していたことから、安心したことを覚えています。将来は、社会福祉士と精神保健福祉士の二つの資格を取得し、医療相談員として患者さんと他の医療スタッフたちの架け橋となれるような存在になりたいと思い、日々学びに取り組んでいます。

本多 和さん
人文社会学部 人間福祉学科
健康福祉専攻 2年生
名古屋市立西陵高等学校 出身

一覧を見る

2018/8/10

大学生活と進路 ~卒業生からのアドバイス...

2018/8/8

私たちのノート・ライティング・スキル~授...

2018/6/18

福祉施設の現場から学ぼう~特別講義2 障...

2018/6/4

福祉施設の現場から学ぶ~特別講義1 児童...

※RSS:フィードによる情報提供を致しております。

学びのポイント

point01
子どもの幸せ

成長への道を一緒に見つけるために。

虐待などさまざまな問題により、自分の家庭で生活することができない子どもが暮らす児童養護施設での実習に取り組むことによって、生きづらさを抱えた子どもが安心して暮らせるための児童指導員をめざすことができます。

point02
患者さんの幸せ

療養生活を支えるために。

医療チームの一員として、患者さんの入院中や退院後の困りごとの相談に応じる医療相談員。
提携先の病院での研修に取り組みながら、就職をめざすことができます。

point03
地域へ広がる幸せ

身近な幸せに想いを馳せるために。

身近な地域に根ざしたボランティア活動などに取り組むことによって、地域社会の力を高めていく
方法を身につけることができます。


なりたいキミを見つけよう!

取得できる免許・資格

社会福祉士国家試験受験資格 精神保健福祉士国家試験受験資格(人数制限あり) 高等学校教諭一種免許状(福祉)(公民) 社会福祉主事任用資格 児童指導員任用資格 レクリエーション・インストラクター 児童福祉司任用資格 知的障害者福祉司任用資格 身体障害者福祉司任用資格 初級障がい者スポーツ指導員 学校図書館司書教諭 ※ 社会福祉士の資格取得が要件

卒業後めざせる職場

病院/児童養護施設/児童発達支援センター/介護老人保健施設/社会福祉協議会/児童相談所・福祉事務所(公務員・社会福祉専門職)/家庭裁判所(国家公務員)/高等学校教諭(福祉・公民) など

PICKUP CONTENTS


人間福祉学科 GUIDE

夢を叶えた先輩たち

OB & OG Message

社会福祉法人 河内長野市社会福祉協議会
河内長野市立
障がい者福祉センターあかみね 勤務

人文社会学部 人間福祉学科 健康福祉専攻 卒業
大阪府 四天王寺羽曳丘高等学校 出身
安井 夕稀さん
学びの中で得た一つひとつの知識が
業務を行う中で活きていると
実感しています。

現在は主に報告書のPC入力や職員の給与管理などの総務・経理、デイサービス向けクラブ活動のサポートを行っています。働くうえで思うことは、大学時代に学んだ基礎が非常に役立っているということです。福祉センターという一般企業とは異なる環境で働くに
あたって、総務であっても社会福祉協議会の内容など知っておかなければならないことが数多くあります。人間福祉学科では講義や現場研修を通して、しっかりと知識を学び得ることができたので、いざ働き始めた時に戸惑いなく理解することができました。働くうえで心掛けているのは、指示を待つのではなく、何事も早めに業務を行うことです。これからもどんどん仕事を覚えて、さらなる信頼を得ることができるように
努めていきたいと思っています。

和歌山県 日高町役場 勤務

人文社会学部 人間福祉学科 健康福祉専攻 卒業
和歌山県立日高高等学校 出身
山田 紘暉さん
地元を元気にしたい想いは
一から手掛けた
ボランティア体験が始まりでした。

現在は日高町役場の健康推進課で、保険給付業務に携わっています。地域が抱える高齢化・空き家問題もある中、環境の良さから転入者も増えつつある日高町をもっと元気にするにはさまざまな人々が馴染める町づくりが重要だと感じています。こうした課題を考えるうえで、在学中に経験した、一から手掛けるボランティアの体験がとても役立っていると感じます。実際に町の人々にアンケートを行うと、意外にも子どもたちの遊び場が少ないことが見えてきました。そこで子どもサロンをつくり、地域の憩いの場として展開できないかと動き出しました。仲間と一緒に意見を取りまとめ、地域の方々とディスカッションを重ねプロジェクトを進める難しさと喜びは大きなやりがいに。この経験は、自分が育った町に貢献したいと考えている、今の私の力になっていると感じています。