短期大学部保育科

子どもの願いに“わたし”を重ねる。

ワタシの
成長
STORY

実習のたびに振り返り、
次に活かすことで成長できました。

阪本 奈実子さん短期大学部 保育科 2年生
大阪府立富田林高等学校 出身

幼い頃、先生は私にとって安心できる存在でした。そして高校時代、体験授業で保育園を訪れた時、園児との関わり合いから、私も子どもたちに安心を与えることができる先生になりたいと思ったのが保育士をめざすきっかけでした。保育科のオープンキャンパスでは「先輩たちのように明るく学びたい」「この先生に教わりたい」と思える出会いがあり、入学を決めるのに迷いはありませんでした。保育科の魅力は、実践的な学びが充実しており、知識を深めていけることです。1年生に幼稚園、保育所、施設と3回の実習があり、2年生でも幼稚園、保育所または施設と2回の実習を積み重ねました。最初は、まだ言葉が話せない幼児の訴えを理解することが難しく、部分保育を任せていただいてもスムーズにいきませんでした。しかし、実習が終わるたびに振り返って改善点を見つけ出し、次の実習までにはしっかりと準備することを繰り返して前に進んできました。クラスメイトとの話し合いでも、1年生より2年生のほうが活発に意見を出し合いながら自然にまとまるようになりました。

保育技術とともに、「みんなの前で意見を言えるようになった」という点でも2年間で大きく成長できたと思います。保育科では同級生とのグループワークだけでなく、1年生と2年生が一緒に物事に取り組む機会もたくさんあります。先輩に優しく導かれ、同級生同士では出てこない意見も聞くことで自分なりの考えを持てるようになりました。また、物事をさまざまな視点から見て、話を進めることは、実習先でのコミュニケーションにも役立ちました。充実した2年間の学びによって、春からは柏原市の公立保育所の保育士として働くことが決まっています。幼稚園か保育所かでずいぶん悩みましたが、実習で両方の現場を経験したうえで、幼稚園よりも長い時間を保育所で過ごす子どもたちに寄り添いたいという思いが強くなりました。自分がそうであったように、「阪本先生といると安心する」と思ってもらえる保育士をめざして頑張ります。

学びのPOINT

  • ①「保育実践演習」で保育の実践力を培い
    「保育探究演習」で“私の保育”を深めます。

    1・2年生合同で学ぶ、保育科独自の「保育実践演習」を中心に、2年間のカリキュラムを構成しています。さらに、2年生からは、野外活動や多文化保育、音楽アンサンブルなどの保育分野で構成された「保育探究演習」を通して、自らの興味や関心に沿って選んだ保育の学びを探究し、自らの得意分野の保育実践力をより高め、確かな保育観を培います。

  • ②保育に必要なピアノ演奏能力を習熟度に応じて個別指導で学べます。

    ピアノの演奏技法を修得することで、豊かな表現力、努力して目標を達成する力、自らが楽しみながら子どもに音楽の楽しさを伝える心などの保育に必要な力が育つと考えています。保育科では、入学前からピアノ習熟度調査や初心者向け講座を開設し、保育者に必要な演奏能力の修得まで、きめ細かな指導を行います。

  • ③子どもの善さも自分の善さも大切にする
    仏教精神で心豊かな保育者をめざせます。

    保育科では、仏教精神に基づいた保育観とは、子どもの善さに気づき、認め、引き出すことであり、それが優しさの表れだと捉えています。優しく心豊かな子どもを育てるために、まず必要なのは保育者自身の善さ、心の豊かさであるという考えから、仏教の学びを通して学生個々の人間的成長をめざします。

学科ブログ一覧を見る

あなたの町へ 入試相談会
大学案内デジタルパンフレット
クラブ&サークル紹介
あべのハルカス サテライトキャンパス
ココロエプロジェクト
知的・人的データベース
あなたの町へ 入試相談会大学案内デジタルパンフレット

クラブ&サークル紹介あべのハルカス サテライトキャンパス

ココロエプロジェクト知的・人的データベース

看護学部看護学科ibuTV:オリジナルムービーを、YouTubeで公開中!

地域連携教員免許状更新講習
back to top