子どもの心の成長を助けるような
保育士になりたいです。

高校生の時、ボランティアでフィリピンの児童養護施設に行った経験から、保育士になりたいと思い、保育科に進学しました。保育科では、ピアノなどの実技の授業、幼稚園や子育て支援の施設などに実際に行って学ぶ授業があります。実際に子どもと触れ合うと、どのように声を掛けたらよいのか戸惑うこともあり、大変だと感じることもありました。授業では、講義を聞くだけではなく、保育についてディスカッションをする機会もあり、保育士はただ子どもと触れ合う仕事なのではなく、「子どもの成長のために何ができるのか」を考え、子どもの「心の成長」を意識する必要があると思いました。大学での学びを糧にして、4月からは大阪市立保育所で、子どもの個性を伸ばすような先生をめざして働きます。

源田 歌奈さん
短期大学部 保育科 2年生
大阪府立清水谷高等学校 出身

一覧を見る

2018/8/27

韓国からのお客様を迎えました!

2018/8/8

ー多文化体験活動で韓国に行ってきました。...

2018/7/23

幼稚園訪問に行ってきました。

2018/7/2

浜寺公園でデイ・キャンプ!「保育表現技術...

※RSS:フィードによる情報提供を致しております。

学びのポイント

point01

子どもの善さも自分の善さも
大切にする仏教精神で心豊かな保育者をめざせます。

保育科では、仏教精神に基づいた保育観とは、子どもの善さに気づき、認め、引き出すことであり、それが優しさの表れだと捉えています。優しく心豊かな子どもを育てるために、まず必要なのは保育者自身の善さ、心の豊かさであるという考えから、仏教の学びを通して学生個々の人間的成長をめざします。

point02

2年間一貫の科目
「保育実践演習」で、保育の実践力を培います。

1・2年生合同で学ぶ、保育科独自の「保育実践演習」を中心に2年間のカリキュラムを構成しています。学内の学びで修得した知識や技術と、学外での実習経験等と融合させることにより、机上の「あたまの学び」と保育現場での「こころの学び」の双方を深め、保育実践力だけではなく、広い視野と確かな保育観を培います。

point03

保育に必要なピアノ演奏能力を
習熟度に応じて個別指導で学べます。

ピアノの演奏技法を修得することで、豊かな表現力、努力して目標を達成する力、自らが楽しみながら子どもに音楽の楽しさを伝える心などの保育に必要な力が育つと考えています。保育科では、入学前からピアノ習熟度調査や初心者向け講座を開設し、保育者に必要な演奏能力の修得まで、きめ細かな指導を行います。

なりたいキミを見つけよう!

取得できる免許・資格

幼稚園教諭二種免許状 保育士資格 社会福祉主事任用資格 レクリエーション・インストラクター


卒業後めざせる職場

幼稚園 保育所
認定こども園 児童養護施設 一般企業 併設大学への編入 など

PICKUP CONTENTS


保育科 GUIDE

夢を叶えた先輩たち

OB & OG Message

藤井寺市立第4保育所 勤務

短期大学部 保育科 卒業
大阪府立河南高等学校 出身
能村 朱里さん
お母さんの代わりのように、
子どもたちが安心して
過ごせる場所を作りたい。

2017年度から保育士として勤務し、1歳児クラスを担当しています。朝は保護者の方から家での様子や体調などを確認するところから始まります。特に、小さい子どもたちなので体調の把握には気をつけています。その後、お散歩やお遊戯などで一緒に遊びます。1歳児なので、コミュニケーションを取るのが難しい時もありますが、子どもとのやり取りの中で言葉を覚えるなどの成長が見られるので、毎日やりがいを感じています。その他、連絡帳に今日あったことを書いたり、お便りを書いたりと、子どもと接する以外にもやることはたくさんあります。慣れないことだらけでまだ今は四苦八苦していますが、子どもが安心して過ごせる、お母さんのような先生をめざしていきたいです。

学校法人 長楽寺学園 認定こども園
こぎ幼稚園 勤務

短期大学部 保育科 卒業
大阪府 四天王寺羽曳丘高等学校 出身
米良 幸恵さん
何でも教えるのではなく、
「調べる」「やってみる」を楽しく
できるようにサポートしています。

幼稚園に勤めて11年目になり、今は4歳児を担当しています。多感な時期の子どもたちに接するのはとても大変ですが、どんな質問にでも対応できるように、いろんなことを調べたり、分かりやすく伝えるために実物を見せたりと、工夫を凝らして子どもたちが飽きないように心掛けています。大学では図画工作や音楽、手遊びなど実践的な授業を学ぶことができたおかげで、今でも学生時代のノートを見て参考にしています。子どもは時に、乗り越えなければいけない壁にぶつかります。その壁を乗り越えた時に子どもが見せる笑顔は本当に感動しますし、その笑顔を見ると、先生をやっていて良かったと心から思います。

topics!

あの頃と同じ笑顔に出会える、
「戻ってきたくなる場所」
があります。

大学祭の時期に合わせて年に一度、学内で交流会が開催されます。毎年、恩師や学友との再会を楽しみに集う卒業生で大盛況!職場での悩みや、保育の楽しさや喜びなど、現役保育者の話題は尽きません。共通しているのは、どんな悩みを抱えている人も、恩師や懐かしい友と話しているうちに笑顔になっていること。また、保育現場を離れた卒業生の再就職の相談にものっています。

卒業生・在校生サロン