短期大学部保育科

子どもの願いに‘わたし’を重ねる。親の想いに‘わたし’を巡らす。慈愛に満ちた保育者を育成します。

ワタシの
成長
STORY

実習とグループワークで見つけた、
自分らしい先生像をめざします。

椿本 粋さん短期大学部 保育科 2年生
奈良県立香芝高等学校 出身

中学生の頃から子どもに関わる仕事に就くのが夢でした。努力のかいもあって、卒業後は地元・香芝市立の保育所で働くことが決まりました。保育科は半年に1度の高いペースで実習があり、幼稚園や保育所のほか、障がい者施設にも行けるのが大きな魅力で、様々な現場を経験したなかでも、

特に印象的だったのが実習先に勤めていた四天王寺大学出身の先生でした。困っている子どもにあえて声を掛けず、自発的に言いに来るまで待つことで、自立心を育てようとする姿に感動しました。今もその先生が私の理想像です。また、学内実習はグループワークが多く、他の人の保育観を知ることで自身の考えも深まりました。保育科での学びを活かし、子ども一人ひとりの個性を伸ばせるような先生をめざします。

短期大学部の保育科で「慈愛に満ちた」保育者になる!



学びのPOINT

  • ①「実践」と「探究」から確かな保育観を養う。

    1・2年生合同で学ぶ保育科独自の「保育実践演習」を中心にカリキュラムを構成。2年生からは興味のある保育分野を選択する「保育探究演習」により、“私の保育”を深めながら実践力も高めることで、確かな保育観を身につけます。

  • ②ピアノ演奏能力を習熟度に応じて個別指導。

    入学前からピアノ習熟度調査や初心者向け講座を開設。演奏技法の修得を通じて、豊かな表現力・目標達成のための努力・自ら楽しみながら音楽の楽しさを伝える心など、保育者に必要な素地を養います。

  • ③子どもの善さを引き出す仏教精神にもとづく保育。

    子どもの善さに気づき、認め、引き出すこと。それが、仏教精神にもとづく保育観です。心豊かな子どもを育てるために必要なのは、保育者自身の心の豊かさ。仏教の学びを通じて、学生一人ひとりの人間的成長をめざします。

学科ブログ一覧を見る

大学案内デジタルパンフレット
クラブ&サークル紹介
ココロエプロジェクト
知的・人的データベース
あべのハルカス サテライトキャンパス
事務職員採用情報
あなたの町へ 入試相談会
大学案内デジタルパンフレットクラブ&サークル紹介

ココロエプロジェクト知的・人的データベース

あべのハルカス サテライトキャンパス事務職員採用情報

あなたの町へ 入試相談会

看護学部看護学科ibuTV:オリジナルムービーを、YouTubeで公開中!

クラブ&サークル紹介地域連携

教員免許状更新講習看護実践開発研究センター
back to top