一覧を見る

2017/4/10

中英(中学校英語・小学校)コース 新入生...

2016/12/24

現役大学生からの熱いメッセージ(動画)

2016/10/28

ストーリーテリング

2016/8/16

中学1年生と英語プレゼンを楽しみました。...

※RSS:フィードによる情報提供を致しております。

学びのポイント

point01

アメリカでの語学研修&インターンシップで
豊かな国際感覚が身につきます。

2年次の春休みに実施するアメリカ西海岸の大学での語学研修、さらに地域の学校でインターンシップも体験し、語学力の向上をめざします。教える力とともにコミュニケーション力も伸ばします。

point02

少人数制ならではの、
親身できめ細かい指導が受けられます。

教員と学生の距離が近いので、学生一人ひとりをきめ細くサポートしています。授業や実習など学修の中で困ったことがあれば、いつでもすぐに教員に相談できる環境を整えています。

point03

充実の学修支援体制で
教員採用試験を全面的にサポートします。

教職教育推進センターとの連携をはじめ、独自の教員採用試験対策講座や教員による個別指導も実施し、学力アップはもちろん、独学では難しい面接試験の対策まで幅広くサポートしています。

なりたいキミを見つけよう!

取得できる免許

基本免許状:中学校・高等学校教諭一種免許状(英語) 併修免許状:小学校教諭一種免許状

取得できる資格

学校図書館司書教諭 社会福祉主事任用資格 児童指導員任用資格 ピアヘルパー受験資格

PICKUP CONTENTS

4年間の学び

 4年間の学び
教員採用試験合格

地元の良い所を世界に
どんどん発信して
いきたいです!

豊かな自然と古代から栄えた歴史に恵まれた奈良。
この魅力ある地域を、住民の方々や次世代を担う若者たちと一緒に、さらに発展させていきたいと思います。

未来の生徒のために、自らの学びを大切にするようになりました。 同じ目標を持つ友だちとの会話は自分がどんな教師になりたいか考える上で刺激になりました。
八牟禮 愛さん ここで学び、過ごした4年間で、自分の芯がしっかりと固まりました。
1年次

発音の上達は、いつも
つき合ってくれた先生のおかげ!

少人数制なので、発言する機会が多くて満足でした。得意の発音では私より上手な人がいたので、納得するまで何度も先生に聞きに行きました。

2年次

グループワークの授業で、
長年の苦手意識を克服できました!

人見知りでしたが、ワークショップ形式の授業で、学年や学科の違う人とグループを組んで意見を言い合うことで、コミュニケーション力が磨かれました。

3年次

自分に足りなかったことを
初の教育実習で気づかされました!

母校での教育実習で痛感した実際の教育現場の厳しさ。生徒との向き合い方や授業の進め方など、教えるための準備と計画性の重要さに気づかされました。

4年次

きめ細かいサポートに、
いろいろな場面で救われました!

先輩が残してくれた報告書は、勉強方法やモチベーションの保ち方など参考になるものばかり。「i-Talk」でのネイティブの先生のレッスンで英会話力が伸びました。

夢を叶えた
先輩からのメッセージ。

OB & OG Message夢を叶えた先輩からのメッセージ。

大阪府立美原高等学校 勤務

教育学部 教育学科
中学校英語・小学校コース 卒業
上尾 千風優さん
生徒のキラキラした様子から
毎日うれしい刺激を受けています。

1年目は副担任、2年目からは担任として、英語の授業と学級運営以外に、進路指導部の就職担当を任されています。文化祭などの学校行事では生徒たちと一緒になって楽しむことができ、その生徒たちが見せてくれる笑顔がこの仕事の醍醐味です。進路指導をした3年生が、内定通知を手に駆け寄り「ありがとう」と声をかけてくれたり。私もついこの間まで学生だったのに、成長過程にある生徒たちのキラキラとした様子が眩しく、彼らに刺激を受けて、初心に返る日々を過ごしています。大学ではどの先生も面倒見がよく、親身になって指導してくださいました。おかげで挫けることなく、夢に向かって努力し続けることができました。

topics!

子どもたちの探究力を
伸ばす授業を創り出す!

電子黒板やタブレット等のデジタル機器と、これまでのチョークと黒板、紙と鉛筆を使う授業、それぞれに利点があるはず!わかりやすい授業を行い、学習者の興味関心を引き出す創造的な授業を、皆で模索していきます。

タブレットの活用法を皆で模索!

teacher's voice

 教育学部 教育学科
中学校英語・小学校コース 教員
中田 貴眞先生
相手の気持ちを大切にする教育を、
未来の教師に引き継ぎたい。

学生は教師になったとき、生徒にどう接すればいいのか不安です。私は、学生に何かを伝えるとき、状況や気持ちを察してさりげなく伝えたり、場合によっては言葉に出してきっちり説明します。教師と生徒との信頼は、日頃の接し方や言葉かけによって築かれるもの。座学だけでなくグループワークや模擬授業などでディスカッションを重ね認め合い、協力して議論するなどの力を身につけていきます。その成果は、学生が自主的に勉強会を作って各種試験対策などに取り組む姿にも表れています。