先生と生徒がお互い楽しめる
活気ある授業を作りたい。

小学校の時、「学校を楽しい」と思わせてくれるような先生に出会えたことがきっかけで、自分もそのような先生になりたいと思い、四天王寺大学に入学しました。大学での講義では、英語の学力向上はもちろん、グループ学習やプレゼンテーションを通して協調性が身につきました。また授業の仕方など基本的な方法を学ぶだけでなく、「どうしたら生徒がやる気を出すか?」を考える教育心理学など、実際に働く上で役立つさまざまなことを教えてくれます。また、仲間同士でのディスカッションをする機会も多くあるので、自分一人ではなかなか分からないことも、「こうした方がいい」と指摘してもらえ、よい気づきになりました。この経験を活かして、先生と生徒、双方が楽しいと思えるような授業を作れるよう日々奮闘中です。

前田 伊織さん
教育学部 教育学科
中学校英語・小学校コース 3年生
和歌山県立星林高等学校 出身

一覧を見る

2018/10/11

【5日間英語漬け】Global Yout...

2018/7/5

中学校英語・小学校コース(中英コース)英...

2017/11/16

中・英コース新着ニュース!

2017/7/10

7月9日オープンキャンパス 教育学部教育...

※RSS:フィードによる情報提供を致しております。

学びのポイント

point01

英語教員としての専門性を高める。

豊富に用意されたコミュニケーション系科目や海外語学研修を通じて、自らの英語運用能力を磨きます。同時に、英語科教育法でのトレーニングや模擬授業、教育実習で学びを深め、「読む」「聞く」「話す」「書く」4技能を総合的に育成する授業を展開できる指導力を身につけます。

point02

多様な子どもと向き合える力を深める。

グローバル化が一段と進展している現代社会では、お互いの多様性を理解し、より豊かな社会を築くことのできるコミュニケーション能力が求められています。さまざまな発達や文化的背景を持つ子どもが、共に学び、お互いを高められる教育環境を構築できる力を養います。

point03

英語の面白さに出会い、
「主体的・対話的で深い学び」= アクティブ・ラーニングを構想できる。

英語の修得には、単語や文法を覚えるだけでなく、自分の気持ちや考えを実際に話し、書く訓練が不可欠です。生徒が主体的に英語を発信する活動をなるべく多く授業に盛り込み、「英語が伝わる楽しさ」「英語が分かる楽しさ」を生徒に実感させることができる英語教諭をめざします。

なりたいキミを見つけよう!

取得できる免許・資格

中学校・高等学校 教諭一種免許状(英語)
   +
小学校教諭一種免許状

※単位を併せて修得することで取得できる教員免許状

社会福祉主事任用資格 学校図書館司書教諭 児童指導員任用資格

PICKUP CONTENTS

4年間の学び

夢を叶えた先輩たち

OB & OG Message

茨木市 公立中学校 勤務

教育学部 教育学科
中学校英語・小学校コース 卒業
大阪府立千里高等学校 出身
甲斐 勇太朗さん
楽しむことや集中すること、
メリハリのある授業をめざしています。

授業では生徒が時間を意識できるように英語だけでトークをするアイスブレイキングを挟むなど集中力やテンションを上げる活動を取り入れています。こうすると生徒の表情は一気に輝きます。英語はコミュニケーションが重要。私自身、トークをしなければ始まらないと考えています。例えば、スクリーンで展開する教材は、生徒の身近なキャラクターを使用し、興味を引き出しながら英語を身近に感じさせる工夫をしています。在学中に学んだ「学習英文法セミナー」で英文法導入を理解するためにグループで5分間の授業を構成し発表。どうすれば5分で興味関心を引き付けられるかが課題でした。こうした学びが非常に役立っています。生徒と近い距離でいながらも教育者として一対一でしっかりと向き合えるよう成長していきたいです。