教育学部 教育学科保健教育コース

めざすのは、多様な課題に対応できる広い視野と教育現場が求める実践力・指導力を備え、子どもに優しく寄り添える養護教諭です。

ワタシの
成長
STORY

心と身体の両面をサポートできる
養護教諭になるために。

小山 陽さん教育学部 教育学科 保健教育コース 3年生
兵庫県立豊岡高等学校 出身

image医療と教育の両方に興味があり、どちらも兼ねそなえた仕事として養護教諭をめざしました。教育学科の保健教育コースを選んだのは、教育における深い学びを得ることができ、小学校教諭の免許も取得できるからです。救急処置や看護学、解剖生理学といった科目を通して、多様な生徒への対応の仕方を身につけることができたと感じています。

また養護教諭の判断や処置によって子どもの状況が変わるという責任感を授業を通して学びました。2年生では福祉施設や特別支援学校を訪れ、病院実習を経験し、3年生では教育実習もあり、さまざまな現場で数多くの実習を経て実践力を磨くことができるのも魅力です。中学校の実習では、ある生徒が毎日のように手が痛いと訴えてきて、よく話を聞いてみると心の悩みを抱えていたことがありました。言動や小さな表情の変化も見逃さず、必要に応じて担任の先生と連携を取りながら対応することが大切なのだと学びました。ケガの治療だけでなく、メンタルケアもできる、そしてどんな些細なことでも相談に来られるような環境づくりができる養護教諭でありたいと思い描いています。

教育・保育現場に一番近い教育学科



学びのPOINT

  • ①養護教諭としての専門性を高める。

    教育実習に加え、保健室ボランティア活動、病院見学実習等の多彩な学外演習に参加します。
    子どもたちや患者さんと直接関わることで、寄り添うことの大切さを学び、養護教諭ならではの専門性や役割を理解します。

  • ②多様な子どもと向き合える力を深める。

    学校の中で子どもの心身の健康にもっとも関わる立場にあるのが養護教諭。子どもの多様な健康課題にいち早く気づき、子どもたちの訴えに寄り添い、健全な成長過程を支援しつつ、子どものいのちと未来を護ることのできる力を養います。

  • ③養護教諭のやりがいに気づき
    「主体的・対話的で深い学び」=アクティブ・ラーニングを構想できる。

    保健室での心の相談が増えている現状に対応するため、カウンセリング技術を学ぶ「健康相談」を開講しています。ロール・プレイングや場面指導を通し、しぐさや声のトーンの変化を感じとり、子どもの発するSOSのサインにもいち早く気づく力を持つ養護教諭をめざします。

学科ブログ一覧を見る

あなたの町へ 入試相談会
大学案内デジタルパンフレット
クラブ&サークル紹介
IBUドリル
ココロエプロジェクト
知的・人的データベース
あなたの町へ 入試相談会大学案内デジタルパンフレット

クラブ&サークル紹介IBUドリル

ココロエプロジェクト知的・人的データベース

看護学部看護学科ibuTV:オリジナルムービーを、YouTubeで公開中!

地域連携教員免許状更新講習
back to top