学びのポイント

point01

人間・仏教・福祉を鍵に、
社会福祉の専門家や指導者を養成します。

社会福祉の理論と実践をつなげる能力をもった専門家・指導者を育てます。
博士前期課程では、基礎理論、政策・制度・サービス、援助技術の3分野をバランスよく学びます。

point02

社会福祉の基礎理論、
政策・制度・援助技術の研究能力を育てます。

博士後期課程では、教授陣の丁寧な個別指導を通じて
各人の研究テーマをさらに深めます。自立した研究能力を育み、
学位論文の作成に向けた指導をしています。

point03

社会人も学びやすい授業時間帯で、
生涯教育にも対応します。

社会福祉関連の従事者などの生涯教育ニーズに対応。
授業を平日の17時30分以降と土曜日に配置し、社会人が学校に戻り
再教育を受けられる教育体制を採用しています。

なりたいキミを見つけよう!

取得できる免許

高等学校教諭専修免許状(福祉)

修了後の期待できる進路

高等学校・専門学校教員、教育機関・研究機関 など 各種福祉サービス関連施設 など 大学などの高等教育機関

  • 博士前期課程(修士)
  • 博士後期課程(博士)

大学、短期大学部から
大学院へ進学も可能です。

短期大学部生活ナビゲーション学科ライフケア専攻で「介護福祉士」、
大学の人間福祉学科健康福祉専攻で「社会福祉士」国家試験受験資格を取得し、大学院で専修免許状や修士・博士の学位が取得できます。