大学院
人文社会学研究科
人間福祉学専攻 博士前期・後期課程 SHITENNOJI UNIVERSITY
GRADUATE SCHOOL

学びのPOINT

キミの身につく力は、これだ!

Point 1

人間・仏教・福祉を鍵に、
社会福祉の専門家や
指導者を養成します。
 

社会福祉の理論と実践をつなげる能力をもった専門家・指導者を育てます。博士前期課程では、基礎理論、政策・制度・サービス、援助技術の3分野をバランスよく学びます。

Point 2

社会福祉の基礎理論、
政策・制度・サービス、
援助技術の研究能力を
育てます。

博士後期課程では、教授陣の丁寧な個別指導を通じて各人の研究テーマをさらに深めます。自立した研究能力を育て、学位論文の作成に向けた指導をしています。

Point 3

社会人も学びやすい
授業時間帯で、
生涯学習にも対応します。
 

社会福祉関連の従事者などの生涯学習ニーズに対応。授業を平日の17時30分以降と土曜日に配置し、社会人が学校に戻り再教育を受けられる教育体制を採用しています。

学びの概要

博士前期課程(修士) 2年間

基礎理論、政策・制度・サービス、援助技術分野をバランスよく学ぶ

  1. 1.高度な専門知識と実践力を併せもつ専門家(福祉現場の指導者)の育成。
  2. 2.修士論文の作成。
基礎理論分野

社会福祉政策・制度・サービスと援助技術の向上・充実を念頭にし、ガイドラインを明確にします。四天王寺大学の歴史に根ざす仏教社会福祉の展開と理論構築もめざします。

政策・制度・サービス分野

社会福祉に関する制度、政策、人権等について問題解決の最も重要な事項として、人間尊重の視点から科学的・専門的に具体化します。

援助技術分野

スーパーバイザーとなるために必要な専門知識と能力を養い、社会福祉専門職およびソーシャルワーカーに関する研究をおこないます。

博士前期課程の修業年限2年を修了すると「修士(人間福祉学)」の学位が授与されます

博士後期課程(博士) 3年間

高度な能力と専門知識をもつ研究者・専門家になるために、研究を深める

  1. 1.高度な研究能力をもつ研究者の育成。
  2. 2.高度な専門知識と実践力を併せもつ専門家(福祉現場の指導者)の育成。
  3. 3.博士論文の作成。
基礎理論分野

社会福祉学原論・仏教社会福祉論、社会事業史の研究を深め、社会福祉各論と社会福祉援助技術の基礎理論に関する研究も行います。

政策・制度・サービス分野

社会福祉制度論、老人福祉論、障害者福祉論、生命倫理学の研究を進め、地域福祉援助技術の基礎理論の研究も行います。

援助技術分野

ソーシャルワークや社会福祉の専門性に関する研究も行います。

博士後期課程の修業年限3年を修め、博士論文審査等に合格すると
「博士(人間福祉学)」の学位が授与されます

短期大学部、大学から大学院へ進学も可能です。

短期大学部生活ナビゲーション学科ライフケア専攻で「介護福祉士」。
大学の人間福祉学科健康福祉専攻で「社会福祉士」国家試験受験資格を取得し、大学院で専修免許状や修士・博士の学位が取得できます。

取得できる免許

  • 高等学校教諭専修免許状(福祉)

修了後の期待できる進路

  • 高等学校・専門学校教員、教育機関・研究機関 など
  • 各種福祉サービス関連施設 など
  • 大学などの高等教育機関

教育紹介

愼 英弘 :社会事業史、障害者福祉
白澤 政和 ※ :社会福祉援助論、高齢者福祉論
笠原 幸子 :社会福祉専門性論、高齢者福祉論
原 順子 :ソーシャルワーク、障がい者福祉
平川 茂 :福祉社会学(差別問題、貧困問題)
和田 謙一郎 :社会保障、社会福祉法制
上續 宏道 :福祉教育研究、児童福祉
指田 隆一 :社会調査法、家族社会学
鳥海 直美 :ソーシャルワーク、障害者児の地域生活支援

※客員教授