キャンパスライフ - 新着情報 -

ノートテイカー養成講座を実施しました!

ノートテイクとは、聴覚に障がいのある学生の授業に同席し、主に先生が話す講義内容や講義中に聞こえてくる音をリアルタイムに筆談で伝える通訳のことです。

今回、本学に在籍している聴覚等に障がいのある学生をサポートするため、ノートテイクをする「ノートテイカー」を新規で募集。その養成講座を5月2日(水)と11日(金)に実施し、大勢の学生が参加してくれました。

養成講座では、現在ノートテイカーとして活躍している先輩学生が講師となって、ノートテイクの基本説明や筆記の実技、個別アドバイスなどを行いました。皆、メモを取りながら真剣に講座に参加していました。講座終了後、「思っていたよりも難しい」という意見もありましたが、先輩ノートテイカーからの励ましとノートテイクのコツについてアドバイスを受け、前向きに取組もうという気持ちになってもらえたようです。

学生支援センターではノートテイカーを常時募集しています。興味のある本学の学生は、学生支援センターまでお問合せください。

一覧に戻る