看護実践開発研究センター 実践を豊かにする看護研究プログラム

オンライン講座に変更となりました。

 COVID-19の脅威の中、皆様におかれましてはご多忙の日々と思います。
そのような中ではありますが、本センターは多忙な現場で看護職の実践を、研究 を通じてさらに豊かにし続けるための実践、研究能力を高めるプログラムを提供いたします。今、この時こそ看護職としての能力を身に着け発揮していけたらと考えます。
 四天王寺大学看護学部看護実践開発研究センターでは、地域 包括ケアや退院 促進、患者・ 家族のセルフケアや QOL を高めるための看護職の直接ケア能力としての実践能力・研究・教育能力を高めるためのプログラムを提供 し、人材育成 を行っています。
 今回実践をさらに豊かにする看護研究プログラムを展開します。多くの看護職の皆様にご参加いただければと思います。

四天王寺大学看護学部
看護実践開発研究センター長
宇佐美しおり

日時

第1回 2020年 6月28日(日) 10時30分から16時30分 13時15分
第2回 2020年 7月  5日(日) 10時30分から16時30分 13時15分

場所

四天王寺大学あべのハルカスサテライトキャンパス
 変更)オンライン講座(ご自宅でご参加いただけます)

対象者

看護師・保健師・助産師、専門看護師、看護管理者、看護教育者、大学院博士前期課程をめざす看護職
各回定員20名

内容

※オンライン講座への変更に伴い、一部内容に変更がございます。

第1回 6月28日

10:30-10:40 はじめに

看護学部長・大学院看護学研究科長・教授 山本あい子

10:40-11:40 テーマのしぼり方

①研究テーマの探し方 ②研究テーマを決めるための活動 ③研究テーマと文献検討

センター長・教授 宇佐美しおり

11:55-12:55 文献の読み方・集め方 

①文献の集め方 ②文献の批評の仕方 ③文献をまとめる作業 ④文献から自分の研究の枠組みへ

教授 福田和明

12:55-13:15 質疑 

第2回 7月5日

10:30-10:40 はじめに

看護学部長・大学院看護学研究科長・教授 山本あい子

10:40-11:40 研究テーマに応じた研究方法

①質的記述的研究 ②関係探索研究、質問紙調査法 ③看護介入研究、評価研究 ④アクションリサーチ ⑤準実験・実験研究 ⑥質問紙調査法

 教授 大橋純子

11:50-12:50 研究の倫理的配慮,研究の手順,まとめ方

教授 西田眞壽美

12:55-13:15 質疑 

運営補助:助教 西井尚子

詳細については 2020年度プログラムPDF をご参照ください。

申込方法

申し込み期間は終了しました。

以下の「お申込みフォーム」にアクセス頂き、必要事項を入力のうえお申し込みください。
*受付通知メールが届きます。shitennoji.ac.jpからのメールが受信できるよう、必ずドメイン指定の解除を行ってください。

お申し込みフォーム

 

受講にあたっての注意事項

  • 受講料の返金は原則できません。
  • やむを得ない事情により、受講できなくなった場合はご連絡ください。
  • 定員に達した時点で締め切らせていただきます。
  • 悪天候等により、急遽、開催日を変更することがあります。
  • 受講料等にかかる振込手数料は受講される方のご負担となります。