たいし塾

  >>>受講生募集中<<< 

【Ⅱ期テーマ】 仏教の教えとその歩み

 遠く天竺(インド)で生まれた仏教は、震旦(中国)を経て本朝(日本)に伝来しました。当講座では、仏教の根本的な教えやあり方をおさえた上で、日本における仏教の受容と展開について考えていきます。仏教を礎とする国家を理想とした聖徳太子や、最澄、空海などの祖師たちは、日本の風土や環境に合わせて、どのように仏教の教えを語っていったのでしょうか。仏教の教えの古典芸能への影響や日本美術・現代的意義についても考えを巡らせてみましょう。

場所
【四天王寺大学(羽曳野)キャンパス】
近鉄南大阪線「藤井寺」または「古市]駅下車 ⇒ 近鉄バス「四天王寺大学」行き終点 ⇒ 大学正門から会場へ
開講期間・時間
2018年 10月~12月 土曜日 11:00~12:30
受講料
【講座番号:500T】
  通期(全10回)10,000円(すべてを受講する申込み方法→欠席の場合は返金いたしません)
【講座番号:500T‐01~10】
  各講座(1回) 1,200円(受講したい講座を選択する申込み方法)
    [2講座以上の選択は受講料一括支払いでお願いします]
定員
50名(申し込み先着順)
〔募集内訳〕通期全10回枠40名、各回募集枠10名
申込み・問合せ先【午前9時~午後5時30分】
TEL: 072−956−3345

入会金不要。 年齢・資格不問。 シニアの受講者大歓迎
※7回以上の出席者に「たいし塾 修了証」授与※

≪休講について≫ 台風や地震、交通機関の運休等で、已む無く休講する場合があります。詳細はこちらをご確認ください。
 
 

開講スケジュール

No.(講座番号) 日・曜日 テーマ 講師名
1(500T-01) 10月 6日(土) 仏教の誕生とその伝播
―「盂蘭盆会」に関する伝承をとおして―
山口 周子(講師)
2(500T-02) 10月13日(土) 仏教の教えとは
 ―釈尊から大乗諸派への教義的展開―
藤谷 厚生(教授)
3(500T-03) 10月20日(土) 天台の仏教
 ―中国天台と日本天台の違い―
村上 明也(講師)
4(500T-04) 10月27日(土) 仏教の受容と信仰のはじまり 須原 祥二(教授)
5(500T-05) 11月10日(土) 『ジャータカ』から『今昔物語集』へ 山口 周子(講師)
6(500T-06) 11月17日(土) 真言密教の教義とその歴史 藤谷 厚生(教授)
7(500T-07) 12月 1日(土) 古典芸能にみる極楽往生
 ―往生の思想はどう表現されたのか―
南谷 美保(教授)
8(500T-08) 12月 8日(土) 「かたち」となる仏教の教え
 ―「三宝」からみる仏教美術の展開―
一本 崇之(講師)
9(500T-09) 12月15日(土) 今に息づく仏教の教えとその文化
 ―グリーフケアの観点から―
西岡 秀爾(講師)
10(500T-10) 12月22日(土) 叡山浄土教
 ―念仏の源流を尋ねて―
村上 明也(講師)

【特別企画】 「宗教―この不思議なものを考える」≪同時 受付中≫

 

 1回目:【1月12日土曜日】ユダヤ・キリスト教

 2回目:【1月26日土曜日】イスラーム

 3回目:【2月 2日土曜日】仏教

    時間11:00~12:30  ■ 受講料(全3回)3,600円  ■ 定員30名(先着順)