生涯学習・地域貢献 -高大連携-

大阪府立藤井寺高等学校生が来学し、高大連携授業が行われました

令和1年12月23日(月)、大阪府立藤井寺高等学校1~2年生が来学し模擬授業が行われました。今年度の模擬授業は「看護学入門」をテーマに山田和子先生(看護学部教授)が行いました。

「看護学とは」「看護職とは」「看護の質の充実・役割の拡大」「看護の教育」等について講義を行うとともに、看護の教育の一環として人形による抱き方・衣服の交換、妊婦体験等を実施し、その意義について説明しました。

また、看護棟の実習室、シミュレーションセンター等の他、大講堂、図書館、ランゲージプラザ(i-TALK)、総合体育館等のキャンパス見学も行いました。

 

 

一覧に戻る