生涯学習・地域貢献 -新着情報-

「たいし塾Ⅱ期」のご案内 および受講生募集

 >>>受講生募集中<<< 

【Ⅱ期テーマ】

  「和のこころを世界へ」

     ―四天王寺大学創立50周年・短期大学部創立60周年にあたって―

 平成29年度、四天王寺大学は創立50周年(短期大学部創立60周年)を迎えることができました。そのスローガンが「和のこころを世界へ」です。インドから中国・朝鮮を経て伝来した仏教を日本にとり入れた聖徳太子。太子はさらに、三経義疏や十七条憲法等を通じて、日本の社会に仏教思想を広めました。本学建学の祖、聖徳太子こそ、日本で初めての国際人と言えるでしょう。本講座では、太子の説く「和の精神」が現在のグローバルな世界状況の中でどのような意味を持つのか、さまざまな観点から改めて問いかけて参ります。

場所
【四天王寺大学(羽曳野)キャンパス】
近鉄南大阪線「藤井寺」または「古市]駅下車 ⇒ 近鉄バス「四天王寺大学」行き終点 ⇒ 大学正門から会場へ
開講機関・時間
2017年 10月~12月 土曜日 11:00~12:30
受講料
通期(全10回) 10,000円 【講座番号:500T】
各講座(1回)  1,200円 【講座番号:500T‐01~10】
[2講座以上選択の受講料は一括支払いでお願いします]
定員
50名(申し込み先着順)
〔募集内訳〕通期全10回枠40名、各回募集枠10名
申込み・問合せ先【午前9:00~午後5時30分】
TEL: 072−956−3345

入会金不要。 年齢・資格不問。 シニアの受講者大歓迎
※7回以上の出席者に「たいし塾 修了証」授与※

開講スケジュールと講話内容(テーマ)

 

No.(講座番号) 日・曜日 テーマ 講師名
1(500T-01) 10月 7日(土) 異文化能力を考える旅と映像 井川 好二(教授)
2(500T-02) 10月14日(土) 日本的な「和の宗教観」について 藤谷 厚生(教授)
3(500T-03) 10月21日(土) フランスの個人主義は「和の精神」通ずる 加藤 彰彦(教授)
4(500T-04) 10月28日(土) 十七条憲法の成立 須原 祥二(教授)
5(500T-05) 11月11日(土) 虐殺・紛争を越えて共に生きるために
―サハラ砂漠以南のアフリカの実践より―
田原 範子(教授)
6(500T-06) 11月18日(土) 仏教と外来の音楽芸能を結びつけた聖徳太子
―仏教法会における音楽の意味を考える―
南谷 美保(教授)
7(500T-07) 11月25日(土) 東アジアの「和」思想と聖徳太子 矢羽野 隆男(教授)
8(500T-08) 12月 2日(土) 四天王寺における聖徳太子御忌事業
―聖徳太子を偲ぶ人々の営み―
一本 崇之(講師)
9(500T-09) 12月 9日(土) 「和」の権化、わが師出口常順 古泉 圓順(名誉教授)
10(500T-10) 12月16日(土) イスラームの信仰と生活
―共存の道を探る―
岡﨑 桂二(名誉教授)

 

一覧に戻る