教職教育推進センターの活動概要

『教職教育推進センター』の活動は、大きく分けて6つあります。

1.教員採用試験に関わる全般的な相談・対応

全国の教員採用試験の情報提供はもちろん、自分が教員になるためのキャリアデザインについてのアドバイスが受けられます。

各学部の教員から選出された支援委員がいるので、教員採用試験に向けた学習計画や学習方法などを相談できます。

2.教職ガイダンス、オリエンテーションの実施

近隣の府県・市の教育委員会から委員を招き、教員採用試験の試験科目、
願書記入などのポイントをガイダンスします。

また、1回生対象の教養教育講座、教員基礎講座、2・3回生対象の教員採用試験夏期集中講座(一般教養)、
春期集中講座(総合)、2・3・4回生対象の模擬試験などについてのオリエンテーションをしています。(※一部有料講座あり)

3.学校インターンシップ、学校ボランティアの実施・紹介

学習体験を豊かにすることを目的に、数多くのインターンシップやボランティアを実施・紹介しています。

2回生対象に行われる小学校での2週間のインターンシップでは、学校運営の理解から授業の補助までを体験。3回生で実施される教育実習の準備ができます。

また、地域と連携した学校ボランティアでは、月2回、小学校の学校行事や放課後の学習、遊びをサポートする課外活動「わくわくサタ★デー」があります。
年2回、演習を行う小学校を専任教員が巡回指導し、学生をフォローします。

4.近隣府県・市教育委員会担当者との連携

近隣の教育委員会との連携を深め、各教育委員会が独自にサポートする支援プログラムやセミナーの情報提供も行っています。

5.OB・OGの会を支援

OB・OGの会では、卒業後、教員になったOB・OGを招き、4回生との交流を深めます。
採用試験を受ける7月初めには、個人・グループでの面接や試験対策を指導。
12月には採用試験合格者に対して、教員になるための心構えや準備などをアドバイスします。
ホットな体験談が聞ける貴重な機会になっています。

6.教員採用試験に向けた面接など各種の指導

面接練習や板書練習ができるルームを開放し、個人やグループでの自主練習ができるのはもちろん、
教職支援委員による指導やアドバイスも行っています。

また、教育関連の図書や採用試験に関する情報誌などが自由に閲覧でき、一部貸し出しもしています。
採用試験の出願状況などが学内ホームページ(学生専用)に随時アップされているので、
情報収集に役立てることができます。