あべのハルカスサテライトキャンパス - 新着情報 -

プロジェクト型インターンシップ 「あべの・天王寺まちづくり活性化プロジェクト」 成果報告会

平成28年9月13日(火)、
大学コンソーシアム大阪主催
プロジェクト型インターンシップ・プログラム 『あべの・天王寺まちづくり活性化プロジェクト』 の
成果報告会が、本学サテライトキャンパス(あべのハルカス23階)で行われました。

20160913

 

プロジェクト型インターンシップとは
【就業体験型とは異なる「学生自らが発信するインターンシップ」】として
学生たち自らが「大阪」が抱えるさまざまな課題や問題に対して
PDCAの実践を通して社会で活躍できる能力の獲得を目的としたものです。

 

平成28年度の「あべの・天王寺まちづくり活性化プロジェクト」は
天王寺区と連携した課題設定解決型インターンシップです。

大河ドラマ「真田丸」放送の影響で、現在沢山の観光客が訪れている天王寺区。
その天王寺区が抱える課題等を整理し
より一層話題性・集客性のあるまちを作るためにできることを提案・実践してきます。

 

8月上旬から始まり、9月中旬の成果報告会までという、1ヶ月を超える長期インターンシップ。
本学学生だけではなく、様々な大学から集まった志高いメンバーとの顔合わせから始まりました。

志が高く、自分をしっかりと持っているメンバーだからこそ
各々が持つ思いや考えがぶつかり、なかなか前へと進めなかった当初。
授業やアルバイトで思うように集まる時間が取れないもどかしさ。

限られた時間の中で天王寺区をもっとよくしたい!という思いがあったからこそ
ぶつかりながらも徐々に形になっていきました。

 

いよいよ迎えた成果報告会当日。
西山忠邦天王寺区長がお見えになり、より一層学生の気持ちが引き締まります。

開会直後は緊張した面持ちでしたが、頑張った成果を発表している姿は生き生きとしており
非常に頼もしく見えました。

閉会後は、ほっとしたのか全員が笑顔いっぱい。

「貴重な経験ができました」 「参加して本当に良かったです」
「こういう取り組みがあることを、もっとみんなに知ってもらいたいです」
など、達成感でいっぱいの嬉しそうな表情を見せてくれました。

 

インターンシップは、就職活動に必要な「社会人基礎力」が身に付きます。
考える力、目標に向かって努力する力、視野や人脈の広がりなど、
就職活動だけではなく、人としての成長を感じられるはずです。

少しでも気になっている方は是非インターンシップに参加してみましょう(^0^)/

一覧に戻る